アダルトチルドレンを作る家庭環境は?機能不全家庭です

アダルトチルドレンとは日常生活の家庭環境の中で過去のトラウマなどから成人してもそのトラウマに囚われ生きている人たちの総称として使われています。

アダルトチルドレンとなってしまう原因は育ってきた家庭環境にあるのですが、その原因は様々となっています。

自分はもしかしたらアダルトチルドレンかも知れない、と感じた時に自分の育った家庭環境が問題なのかも知れないと思っても、その家庭の中にいると中々気付きにくいものです。どの様な家庭環境がアダルトチルドレンを作ってしまうのかを見ていきます。

アダルトチルドレンを作る家庭環境とは?機能不全家庭

アダルトチルドレンという言葉も最近では少しずつ耳にするようになってきましたが’、大人になってもそのトラウマにとらわれる為、社会的にも大きな問題にもなりつつあります。主に子供時代の家庭環境が原因としてあげられるのですが、どの様な家庭環境がアダルトチルドレンを作ってしまうのでしょうか?

アダルトチルドレンを作るのは?

アダルトチルドレンを作る原因としての家庭環境とは、難しい言葉でいうと機能不全家庭と呼ばれるものとなります。

機能不全家庭とは?

アダルトチルドレンを作ってしまう機能不全家庭とはどの様なものなのでしょうか?機能不全家庭とは、読んで字のごとく子供が育つ上での家庭としての機能が失われている家庭の事を指します。機能不全家庭となる要因としては次のようなものがあげられます。これらの家庭が全て機能不全と言う事では無くこのような事をきっかけに機能不全家庭となってしまいやすいと言う事です。

  • アルコール依存症
  • ギャンブル依存症
  • 薬物依存症
  • 親の自殺や死亡
  • 親の浮気や離婚、再婚
  • ネグレスト
  • 精神的、肉体的、性的虐待
  • 家庭不和や家庭内暴力
  • 過度な宗教依存症
  • 貧困による生活困窮

機能不全家庭での子供は?

機能不全家庭で育った子供はその環境から子供が子供らしく振まったり、生きていく事が難しい為、多くは心に傷を持ち、その傷が大人になってもその人の人格などに影響を及ぼし、社会生活などにも影響を及ぼしてしまうのです。これがいわゆるアダルトチルドレンと呼ばれる人たちなのです。

目に見える問題家庭は?肉体的暴力です

アダルトチルドレンを作ってしまう機能不全家庭の中でまず1番最初に問題となるのが虐待で、その中でもわかりやすいのが肉体的な暴力です。

肉体的暴力の問題は?

肉体的暴力の問題は、そもそも暴力を振るった時点でも非常に問題ではあるのですが、その暴力によっておった傷は治ったとしても心の傷は治らない所な大きな問題があります。また傷跡などが残っているとその傷を見たり、誰かに見られたりする事でも再び心に傷を負うこともあるのです。

見て分からない問題は?心理的虐待です

暴力などの肉体的な虐待と反対に見た目ではわかりにくいのですが、アダルトチルドレンを作ってしまう大きな問題となるのが心理的虐待なのです。

心理的虐待を受けた子供は?

心理的虐待を受けると子供たちの心や自尊心が傷つけられることになるのです。そして親からの愛情すら受けることも出来ないと環境下では自尊心が育つこともなく、やがて自分の存在を否定したり、自分自身の存在価値を感じなくなっていってしまうのです。

問題のある親の行動?ネグレスト

子供に対して心理的虐待となる親の行動にネグレストというものが存在します。ネグレストとは親が子育てという義務を果たさないことで、いわゆる育児放棄や育児怠慢と呼ばれるものなのです。

ネグレストの例としては?

ネグレストと言っても様々で特にわかりやすい例としては、食事を与えない、これは十分なる量を与えないケースも当てはまります。そして中には子供がしてしまった排泄物などをそのままにするとか、汚れていてもお風呂やシャワーすら入れてあげないというものも含まれます。

そして子供だけを残して外出する、学校へ行かせない、病気でも病院へ連れていくことなくそのままにしているということもネグレストに含まれるのです。

注意が必要なネグレスト?

ネグレストの例を見てもらうとわかりますが、結果はネグレストと同じようになるのですが、その原因を親が意図してやっている場合は完全に問題ですが、親が意図しなくても起きてしまう所にネグレストは深い問題が隠されています。

親が意図しないネグレストとは?

親が意図しないネグレストとは、よくあるケースとしては親の経済力が絶対的に不足している場合によく起こります。また中には子育てに対して無知な親というのも確かに存在するのです。これらの場合、親は子供を虐待しようとして起こしている訳ではないので消極的ネグレストなどとも呼ばれています。

可愛がりすぎる家庭?これも問題です

可愛がりすぎる行為というのも親としてはどうしても起こりうることなのですが、その中でも過保護と過干渉というふたつの問題行為があります。

過保護とは?

過保護とは親が必要以上に子供を甘やかす行為の事で過度に子供に対して手助けをしすぎてしまう事なのです。過保護の場合は何をするにも親の保護が行き過ぎ子供の判断力の低下を招く恐れがあるのです。

過干渉とは?

アダルトチルドレンを生んでしまう親の行為としては過保護より過干渉の方がより問題が深刻となりやすいのです。過干渉は子供の行為ややる事に対して必要以上に干渉する為に子供の人生を子供に決めさせず全て親が決めてしまう事になるからなのです。親としては愛情のつもりなので余計厄介なのかも知れません。

過干渉の問題は?

過干渉の問題は子供を親が自分の思い通りに動かそうとする為、自分のいうことを聞かない場合は恐怖によってでも従わせようとします。その為子供の心は恐怖で支配されるようになってしまいアダルトチルドレンとなっていってしまうのです。

まとめ

アダルトチルドレンという人たちは生まれ持った性格のためにアダルトチルドレンになったのでは無く、子供時代の家庭環境が大きく影響しアダルトチルドレンとなっていってしまうのです。それも自分達子供ではどうすることも出来ないと事がほとんどで親の問題ある行動、虐待やネグレスト、過干渉といったような事から心理的負担を受けなっていってしまうのです。

自分がアダルトチルドレンかもしれないと思った場合はこのような過酷な家庭環境があったはずでそこを生き抜いてきたが故今の自分があるのです。まずは冷静にその事を受け止める事から始める事がアダルトチルドレン克服の道となるのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ