親が子供の人生を左右する!毒親の元で育った子供の特徴とは?

毒親とは、精神的・肉体的虐待や育児放棄だけではなく、子供に対して過保護であったり依存していたり子供の人生に悪い影響を与える親の事を言います。

子供に悪影響を及ぼしている親自体が、自分が毒親だと気づいてない場合もあります。

そのような毒親の元で育った場合、子供にはどのような特徴が見られるようになるでしょうか。

自分が好きになれない!自己否定してしまう

毒親は子供に対して、文句や不満を言ったり、怒ったりすることが多いです。怒られてばかりで育った子供は、自分は怒られるような事ばかりしているのだと認識してしまいます。

そして、自分に自信が無くなり、自分の意志表示を伝える事が極端に苦手になることもあります。子供は親から怒られると、自分が悪いから怒られるのだと強く思います。ですが、毒親が怒っているのは、自分の感情を子供にぶつけているだけの場合が多いです。

怒りの感情をぶつけられてきた子供は、自分のせいだと受け止めて繊細で傷つきやすい性格になっていきます。

人の顔色をうかがうように!萎縮してしまう

毒親から怒られたり口出しされて育つと、親に威圧やプレッシャーを感じて気にしながら育ちます。

そして、常に周囲の顔色をうかがって行動するようになってしまうのです。自分の意見を言おうとしてもすぐに親の意見を押し付けられてきた為、自分の主張や反論を我慢してしまうようになります。

自分の考えよりも親の考えの方が正しい、自分の考えは良くないんだと感じてしまいます。親や周囲の目を気にして、自分のやりたい事を我慢してばかりいては、子供が自分の本当に進みたい道を見つけることができなくなってしまうでしょう。

親の期待通りになろうとする!いい子を演じる

毒親の価値観を押し付けられて育ってきた子供は、自分の意志を我慢して、親の期待通りの子供になろうと努めます。テストの成績が良いと親が喜ぶから勉強するのは、親に愛されたい気持ちの現れなのです。

毒親で育ってきた子供は親に愛されたい一心で、親の理想通りのいい子を演じようとするのです。子供が本当に勉強するのが好きでしているのか、又は子供自身に目標がありその為に勉強している場合はいいのですが、親が喜ぶ為に勉強しているようであれば親子関係を見直す必要があるでしょう。

自分のやりたい事を我慢して「いい子」を演じているのであればそれは偽りの自分なのです。

まとめ

毒親の元で育った子供は、自信がなくなり自己肯定感が低くなったり、人の顔色をうかがって自分の主張をできなくなったり、期待通りの「いい子」を演じるようになります。

ですが、子供にも子供自身の価値観があり自分らしく生きる権利があるのです。毒親で育ち、現在の生き方に息苦しさを感じるようであれば、一度親の呪縛から解放されて、自分らしい生き方について考える必要があるでしょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ