親の過度の甘やかしがアダルトチルドレンを誕生させる理由は?

親のきまぐれな過度の甘やかしにより、成人となっても日々生きづらい毎日を送ることとなるのです。

さまざまな選択の岐路で全て親が決定とすることで、子供が自身の意思の欠如、判断力の欠如となる場合があります。

親がすべて答えを出せるか?

どのような岐路でも、全て親が判断し答えを出すということは不可能といえるのではないでしょうか?

幼少期成長すべき判断力が、親の過度な過保護により欠如したまま成人となりさまざまな場面で判断できずパニックを起こし暴れるといったことも、少なくない事例です。何事も選択とは一つではなく、自身で悩み・考え選択とし、時には失敗し学ぶものであります。

その過程をすべてとりあげ、親の判断ですべて行うということは一種の虐待ともいえます。大人になって支障がでるという風に教育した親の責任ともいえるのでは、ないでしょうか?

親の子離れが出来ずに・・・

親が子離れできずに生じることもあります。親、子供ともに成長とともに巣立っていくものです。成長が正常に行われなかった場合、巣立つことも難しくなるでしょう。

日々の生活で不要とするものはないのです。悩み・苦しみ・もがき・あがいて、そしてそれらより達成したものや得られたものが喜びとなります。

挫折や悩みから乗り越えるということも、精神面を成長させることに必要なことです。過度の甘やかしは、逆にそれがなくなると愛情がなくなったと不安を感じることがあります。

自分で判断できなくなり

失敗に関しても他の方より時間がかかったり、自分を見失うといったことが生じることもあります。何事にも親任せだったことで、責任感の欠如となる場合や、自身の判断で行動をおこすといったことの欠如が多く見られます。

過度な過保護から子供が親に対して暴力へと発展となる場合があります。自身の性格は親のせいであり、親が自身をこういう風に育てた、親が憎いという風に考えてしまうのです。

愛情とは、相手に伝わることで愛情を与えているといえるでしょう。伝わらない愛情は、愛情不足となりますし、逆に過度な愛情もこどもを縛り付けるものにもなります。親と子どもは時には歩み寄り、時には離れ見守るということも大切なのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ