過度の期待は追い詰める要因へ発展します

アダルトチルドレンとは、誰にでも起こりがちなものであります。幼少期からの過度な親の期待感が子供に負担やストレスを与えることとなる場合があります。

親の期待に応えそれに対して親が誉めるという行為は、日常的に起こりやすいことであります。その程度が過度・いきすぎとなった場合、子供が異常に応えようと頑張ることで、精神に異常をきたすこともあるのです。

親の期待に応えられないと

親の期待に応えることにがんばりすぎ、応えられなかった自身を極端にせめるそういう人格が成長しアダルトチルドレンが誕生となります。アダルトチルドレンとなった子供は、必要以上に頑張り自身のスキル以上であっても無理をします。やがてそれはストレスとなり、爆発します。自身を責め、周りの人や物に全てをぶつけてくるのでございます。

それは、些細な事でも極端に逆上といった行動をとるといったことを日常的におこすようになります。まわりの方はどれが、彼や彼女の地雷となるのかひやひやと日々の生活を過ごすことになるでしょう。はれものをさわるように、自身もまわりも精神的にボロボロとなっていくでしょう。期待をするのは悪いことではなく、できたことに対して誉めるといったことも悪いことではありません。

精神的に追い詰められて

しかしそれは適度が大切であります。無理をさせ精神的に追い詰めるといったところまでさせるということは、最終的に爆発してもしかたがないことであります。

何事も心にゆとりが必要なのであります。まわりがきちんと見れ、そして心にゆとりがもて、目標に向かって頑張れるそういう形が理想であります。

はじめからできないと判断し、チャレンジしないことは成長のさまたげになり自身にとってもよくないこととは思います。しかし余裕がなくなる程にがんばり追い詰められるという環境はいきすぎでございます。

できないことに対して責めるといった行動はやはり異常であり、できなくても原因を追究し改善とできる、自己を第三者としてみれることが大切なのであります。第三者として自己を見つめ直し、自身の今の状態がどういう状態であるのか冷静に見れることそれが大切であり重要であります。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ