アダルトチルドレンは挨拶だけでも自己否定してしまう 女性 28歳 I.T.さん

アダルトチルドレン、ACという言葉があります。これは病気と取られがちですが、これは状態の事を指し、少なくとも薬で何とかなるものではありません。

とても勘違いされているかたが多いアダルトチルドレン。その状態とはいったいどういう物を指すのか、私の体験を交えてお話させて頂きます。

自己否定ばかりで自己肯定ができない

アダルトチルドレンには実に多くの特徴がありますが、私が特に今現在も悩まされているのは自己否定してしまう事です。これはよくある「自分は何もできない」「自分には価値がない」といったことは特徴として挙げられます。

しかし、これだけではなく例を挙げると近所の人と朝の挨拶です。

お互いに顔を見て「おはようございます」とごく普通の光景ですが、自己否定をしてしまう方はこの後で「どうしよう、失礼じゃなかっただろうか、少し迷惑そうにしていなかっただろうか」等不安に陥ってしまうことがたびたびあります。

これが自己否定、つまり自己肯定を出来ない精神状態というわけなのです。

自己肯定を磨くのは一人では困難です

例は挨拶でしたが、そもそも生きていくという事は他人と関わるという前提を元に成り立っています。人は一人では生きてはいけないという事は嫌というほど耳にしているかと思いますが、自己否定をしていまう人は、挨拶だけでもです。

それ以上の例えば会話になると、その場は取り繕えても後々「あの時の自分は大丈夫だったろうか?」「あんなことを言って気分を害さなかっただろうか?」と不安でたまらなくなるのです。その不安はずっと付きまといます。

太陽にもとに出て、影が出来るのと同じように、必然的に人と関わることで不安も生まれてしまうのです。そうなってくると生き辛い、生き苦しいという思いが自覚のないまま育ってしまいます。

では、どうしたらよいのか?自己肯定は成長の段階で、家族、ひいては両親から与えられるものですが、大人になりそれが足りない方をACと呼ぶのです。

貴方のお住いの地域にACのコミュニティーがあれば、どうかそこへ行き、想いをまず共有してみてください。地域になければインターネットでも構いません。

SNS、コミュニティサイト、なんでも結構です。検索をすれば必ず仲間が見つかります。まずは一人でいることから辞めにしてみてください、とても勇気のいることですがその勇気を振絞れば、きっと生き辛さも甲斐性されていきます。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ