過剰な愛情は追い詰めることにもつながる! 女性 36歳 Mさん

与えるばかりが愛情ではありません。過剰な愛情は相手の負担ともなりうるのです。

相手を思いやり、相手の気持ちにたって行動し、言動としましょう。

つくすということは、相手のためとはいえません

何事も相手のいうがままに全て、したがい・行うということは相手のためと言えません。社会で適応できなくなってしまいます。

自己の考え方以外にも多用にあるということを教え、自己の考えが必ず正しいとは限らないということをともに学びましょう。

無理に否定とすればやはり維持となり、考えを受け入れてくれないかもしれません。ともに学ぶという姿勢で相手と接すれば、相手も受け入れてくれるでしょう。

頭ごなしに言うことは、やはりよい結果をうむことは難しいと思われます。

あせりは禁物です、一歩づつゆっくり前進しましょう

日々の生活で生きづらさを感じた場合、それを解消とすることは、時間がかかるものです。

初期段階であれば、それなりに短時間で解消とすることも可能ですが、大半は時間がかかります。先を急ぎ、悪化となる場合もあります。

あせらず、客観的に自己を見直すことからはじめましょう。これが第一歩のはじまりです。

よりどころを見つけましょう

日々の生活で、自己がやすらげるものやこと、人どのようなものでもかまいません。何か見つけましょう。それがより改善とできる方法です。

逃げ場とは、誰にでも必要であり、それが自己のあせり等を緩和します。時には、一息つける環境がだれにでも必要であるのです。

自己がどういう状態なのかを把握し、それを否定せず受け入れましょう。否定は解決につながりません。逆に後退となる要因でもあります。

世界でたった一人、他には存在しません。産まれたことに感謝し、うまれた意味を考えより自身にとって快適となれるよう模索し少しつづでも前進しましょう。

何度もいいますが、あせりは禁物です。着実に前進としましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ