親の過剰な期待がアダルトチルドレンを生む原因

アダルトチルドレンを生む原因の一つに親の過剰な期待があります。

期待をすること自体は悪ではありません。全く期待されないのも悲しいものであります。自己に感心がないと感じる場合もあるでしょう。

適度に期待するのが最適です。過剰な期待で子どもを追い詰めるのはやめましょう。

期待は適度を保持としましょう

過剰な期待は子供を追い詰め、心の余裕を奪います。不安感で日々生活となり、いつ爆発となってもおかしくないでしょう。

過剰な期待はしんどいものであり、日々の生活を楽しむことも難しいです。生きている上で楽しさを感じられないのは、大変つらいことです。

楽しさを奪う行為はやめましょう。余裕を無くし、不安感一杯の生活を過ごしていると相手にも余裕を与えず、つねに完璧を求めます。

お互いで張りつめた環境を作ります。悪循環であり大変しんどいものです。ともに自滅とする環境をつくらないためにも、過剰な期待はやめましょう。

結果が全てではありません

何事も過剰に期待し、そして完璧を求めるのはやはり悪です。結果が一番重要ではなく、過程が大切であり、重要であります。

挑戦とし、それにあれこれ試行錯誤しながら挑むそれが大切なのです。過剰な期待は失敗を恐れ、さまざまなことに挑戦する気持ちを抑制とします。

自己の世界観をも狭くする要素ともなるでしょう。自己の可能性もより低くするかもしれません。マイナス要素ばかりです。

誰でも失敗はするのです。成功とすれば大いに喜びましょう。

しかし失敗としても落ち込むことはしても、そこから立ち止まらず対策を考えましょう。そして、その対策を実行しましょう。それが大切であり、重要です。

何事もそこから進まないということはやはり解決にもつながりません。結果アダルトチルドレンの克服も難しいことでしょう。

アダルトチルドレンを克服したいなら

アダルトチルドレンの克服を望むのであれば、やはり自己も失敗するということを認識とし、失敗しても大丈夫だということを選択肢として取り入れることです。

固執は自己の動きを制限とします。選択肢をより多くもつことも重要です。

選択肢がより多くあることでパニックとならず冷静さを保持することもできます。何事も冷静であることが的確な判断につながるのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ