過去とサヨウナラ!アダルトチルドレンのトラウマ克服

アダルトチルドレンの人はトラウマを持っていることが多いです。親に虐待されたトラウマ、抑圧された育成環境のトラウマなど、様々なトラウマを持っている場合があります。

ここでは、そんなアダルトチルドレンの人を苦しめるトラウマについてお話しします。トラウマとはそもそも何を指すのか、アダルトチルドレンの人が持っているトラウマとは何か、そしてその克服法についてご紹介します。

アダルトチルドレンが陥りがち!そもそもトラウマとは?

アダルトチルドレンの人はトラウマを持っていることが多いです。しかし、そもそもトラウマとは何でしょうか?

トラウマは精神的外傷

トラウマは「心的外傷」ともいうことができる、精神的外傷のことを指します。最近では軽い意味で使われがちですが、本来はもっと深刻で衝撃的な出来事の体験を指す言葉です。

例えば地震や火災といった災害の出来事から、暴力や犯罪など命にかかわる体験や家族や友人の死など、心に衝撃を受けた体験をした後に、心理的な苦しみが継続的に表れることを「トラウマ体験」といいます。

どんなトラウマがあるの?アダルトチルドレンのトラウマとは

では、アダルトチルドレンはどのようなトラウマを持っていることが多いのでしょうか。

親による虐待のトラウマ

アダルトチルドレンが持つトラウマのひとつに、親による虐待のトラウマがあります。この場合の虐待とは、肉体的な虐待はもちろんのこと、精神的な虐待やネグレクト(育成放棄)もトラウマに入ります。

虐待から解放された後も、さまざまなトラウマ反応を起こし、大人になってからもそのトラウマに苦しめられることになります。

抑圧された育成環境のトラウマ

虐待まではいかなくても、抑圧された育成環境だった場合もトラウマとなることがあります。親が過干渉であったり、逆に無関心であったなどのとき、この経験がトラウマとなりその人を苦しめる場合があります。

その深さは様々!トラウマの個人差にも個人差がある

人によってトラウマの深刻さは違います。それは同じ体験でも受けるダメージは人それぞれだからです。

人によってトラウマの深さは違う

例えば地震や火災などの災害が起きたとき、トラウマになる人とならない人がいます。それはある体験の受け止め方は、人それぞれ違うからです。

この違いは、その人固有の性格や育成環境、生活歴の違いによって生まれる差です。しかしトラウマにならなかった人が打たれ強く、トラウマになった人が精神的に弱いというわけではありません。

こうして自分を癒す!トラウマを克服する方法

では、トラウマはどうやって乗り越えればよいのでしょうか。大きく分けて、2つの方法があります。

人に話してみる

まず第一に、トラウマとなった体験を人に話してみることです。抑圧された怒りや悲しみ、恐怖などといった感情を言葉で表現することにより、苦痛から解放されます。

ネガティブな感情を吐き出して心をキレイにすることを、カタルシスといいます。人にトラウマ体験を話すことは、このカタルシス効果を引き起こすことになります。

繰り返し人に話すことで徐々にその時の感情に慣れ、飽き始めます。飽きるまで続けたころには、トラウマとなった体験を乗り越えられるでしょう。

トラウマを客観的に捉える

次に、トラウマを客観的に捉えることです。トラウマを思い出すとき、その体験を追体験するような目線で思い出していませんか?

主観的なイメージでトラウマを思い出すうちは、脳はトラウマを現在進行形のカタチで捉えてしまっています。これが、トラウマを忘れられない理由の一つということができます。

トラウマを乗り越えるためには、この主観的なイメージから脱して客観的なイメージに乗り換えることが重要です。具体的には、映画やドラマを見ている感じでトラウマを振り返ってみましょう。

客観的なイメージでトラウマを振り返るとき、その時の自分にアドバイスをしてあげましょう。アドバイス通りにしたらどんな結果が得られたかもイメージするのも大事です。

振り返りが終わったら、そのイメージに別れを告げましょう。終わったことであるということを脳に認識させるのです。

自分で克服なんてできない人へ!どうしても苦しい場合はこれだ

自分で克服できないほど重いトラウマを持っている方は、専門家のカウンセリングを受けるのも良いでしょう。

専門家のカウンセリングを受ける

トラウマを思い出したときに、動悸や心拍数の増加、発汗などの身体的症状や、不安や焦燥感などの心理的症状がみられる場合は、病院での治療が必要な可能性があります。

トラウマは深刻な場合、PTSDを発症させる場合もあります。自分で自分のトラウマに困っているようだったら、思い切って専門家に頼るのも手のひとつです。

まとめ

アダルトチルドレンにとって、トラウマは生きづらさの原因にもなっています。トラウマを克服することは難しいことですが、出来ないことでもありません。

トラウマは過去の出来事です。一方、未来に勝る過去は無いといっても良いくらい、未来は大切な時間です。また、その未来の元になる今も同じくらい重要です。

トラウマを持っているアダルトチルドレンの人は、どうかそのことを思い出して、自分のトラウマを克服してはいかがですか。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ