最悪な家庭に育ちアダルトチルドレンに!今でも両親とは絶縁状態 女性 27歳 M.N.さん

アダルトチルドレンという言葉を知ってますか?

親から虐待だったり、機能不全家族に悩んだことでトラウマを抱えます。このトラウマの残っている人のことをアダルトチルドレンといいます。

私はアダルトチルドレンの経験者で、今でもつらい思いをしています。私の体験談を参考にして、つらい環境から立ち直ってくれる人が増えてくれるとうれしいと思っています。

家庭環境の悪さ

私がアダルトチルドレンになってしまった原因は、家庭環境にあるということは明白です。

私の家は家庭環境がとても悪かったです。父はサラリーマンをしていて、母はOLをしていました。いわゆる共働きでした。

父は、家にいることがほとんどないくせに、休みの日には酒を飲んで酔っぱらったり、私のことを殴ったりしていました。男尊女卑的な思想を持っているようで、今の馬鹿にした態度がとても許せないものでした。今でも、まともに教育をしてくれなかった、その父のことは尊敬はしていません。

嫌いな母親

父がストレスをためて、私がストレスのはけ口になっていました。私は母親が嫌いです。なぜなら、父親の暴力を知っていながら、指をくわえてみているだけです。父親に逆らうと、今度は母親自身が不利な状況に置かれてしまうとわかっているので、苦しんでいる私を見てみないふりをしていました。

このような母の態度は、今でも許すことはできないでいます。これが深いトラウマになっていて、今でも思い出すとつらい気持ちが沸き起こります。今でも母親と口を聞こうという気持ちは起こりません。できるだけ関わり合いになりたくない存在です。

いい子を演じるが

家庭環境がこのように状態になっていましたが、できるだけ周りの人にはわからせないようにしていました。できるだけいい子を演じるように、取りつくろっていました。

学校でも、一応問題がないような顔をして過ごしていました。心の中につらい思いがたくさんあったにもかかわらず、誰にも話すことができませんでした。

過去の先生や友人たちも、私にことを何の問題もない生徒だと思っていたことでしょう。優等生を演じることで、さらに孤独感が増してきて、つらい気持ちが倍増していったのは間違いありませんでした。

現在は?

今ではカウンセリングなど受けて、普通に生活をすることができます。父親や母親には全く会っていません。今では、自分で給料も稼いで、それなりの生活をしています。

家庭環境が悪かったおかげで、彼氏を作って結婚するということを考えていません。子供が生まれたらかわいそう、という気持ちしか残っていません。

それでも、過去に背負ったアダルトチルドレンというダメージを、いろいろな人のサポートを受けながら回復させて、頑張って生きていこうと思っています。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ