親は子供の心に気をつけて!大人になっても傷ついた心は修復できる?

大人になっても心がどこか寂しい人、苦しい人はもしかしてアダルトチルドレンかもしれません。アダルトチルドレンとは、幼少期の親子関係が歪だったために、大人になってから発症する心の病です。

心がどこか満たされず、何をするにも自信が無かったり、いつも何かに怯えていたり、恋人や夫や妻に愛情を求めすぎることはありませんか?そうかもしれないという人も大丈夫です。幼少期の親子関係から心の問題を紐解いて、大人になってからも心を修復できることを知っておきましょう。

幼少期がキーポイント!心の成長の重要性とは?

人の体は適切な食事や運動により作られて行きます。心もまた、適切な愛情が無ければ正しく成長しないのです。体作りをきちんとしないと病気になり易い体になってしまいますよね。心も同じで、適切に心を作って来なかった人は、大人になってから心の病気になり易くなってしまうのです。

あなたもそうかも

体の病気はあまりしないけど、心の病気にかかりやすい人は要注意です幼少期の親子関係が原因で心の病気にかかりやすいアダルトチルドレンかもしれません。

無意識が危ない?子をアダルトチルドレンにしない為に!

仕事で忙しく、いつも子供を独りぼっちにしている親、長男や長女だからと言う理由で兄弟姉妹の一人だけに厳しくしすぎる親、価値観を押し付けるばかりで子供の思いを受け止めてあげなかった親などが、子供をアダルトチルドレンにしやすいと言われています。

無意識だからこそ危ない!

親自身は無意識でやっていることが、子供の心に毎日少しずつ悪い影響を与えているかもしれません。それが成長と共に膨らみ、子供が大人になった時にはアダルトチルドレンの症状として現れてしまうのです。

バランスが大切!子供への適切な愛情とは?

健やかな心の発達に重要な適切な愛情とはどんなものでしょうか?それは甘やかしと厳しさのバランスです。

与えすぎの影響とは?

欲しいものが手に入って当然な状態になると、いざ欲しいものが手に入らない時に酷くイライラしてしまうのです。欲しい物を買ってあげた時などは何かを我慢させる必要があります。

厳しすぎの影響とは?

逆に厳しくしすぎると子供は自信を無くしてしまいます。厳しくしすぎた後はべったりと甘やかす時間を作ってあげるなどバランスを意識するといいですね。

心の弊害が現れるかも?子供のワガママは成長に必要!

子供の頃はたくさんのワガママを言い、たくさん親に甘える時期です。そうすることで子供は受け入れてもらえると安心し大人になれるのです。親に甘えられないまま育った弊害は心の成長を妨げます。

どのような弊害が現れる?

子供の頃の満たされなかった寂しさが、大人になってからもずっと心を蝕んでしまうのです。時はその寂しさの矛先がDVとして恋人や伴侶に悪い方向で向かうかもしれません。子供の幸せな人生の為に親が気を付けないといけませんね。

責めすぎてない?失敗は心の成長の大チャンス!

人は失敗をして成長します。失敗したこと、出来てないことを必要以上に責めると、子供は失敗することを怖がるだけの何もチャレンジ出来ない大人になってしまいます。出来ないことや失敗を責めてしまった後は、出来たことを褒めてあげることで、心のバランスが取れますよね。

褒めるところが見つからない時は?

9失敗しても、1出来たなら、出来たことをきちんと褒めてあげましょう。そうすることで、子供は認めて貰えていると安心出来て、徐々に成功の数が多くなって行きます。失敗したことばかりに目を向けるのではなく、成功の種もしっかりと育ててあげましょう。

大人になってからでも大丈夫!心の修復の方法とは?

では、親から適切な愛情をかけてもらえずにアダルトチルドレンになってしまった人はどうしたら良いのでしょうか?心の修復の仕方をいくつか挙げてみましょう。

精神科にカウンセリングに行ってみる

精神科医は心のプロです。親に蝕まれた心を紐解くヒントをくれるかもしれません。すぐには良くならないかもしれませんが、定期的に長く通院することで心が修復されるでしょう。精神科に行くことが抵抗がある人は、行政がやっている心の相談や、民間の女性カウンセリングも沢山あるので自分に合ったところに行くといいと思います。

パートナーに癒してもらう

恋人や結婚相手に、親の代わりに愛情を満たしてもらうという手もあります。しかし、お互いにアダルトチルドレンだと求め合うばかりになり疲れるので、恋人や結婚相手は、親に適切な愛情をかけてもらった心が自立した人がお勧めです。

自分を大切にする

親から適切な愛情を受けていない人は、自分を大切にすることが下手です。意識して自分を大切にすることで、心のバランスが取れて行きます。普段は忙しくて無理でも、時には自分にご褒美をあげましょう。欲しい物を買ったり、美味しい食事をしたり、旅行に行くのもいいと思います。自分で自分を大切にできる人は他人も大切にできます。友達が増えれば心も充実して行くことでしょう。

まとめ

親は子を選べませんし、子も親を選べません。こんな親でなければ良かった、こんな子でなければ良かったと、お互いに思う時もありますよね。でも、親も子供と共に成長するものです。子供のワガママをマイナスばかりに捉えず、自分の成長の糧として受け止めることが出来れば、適切な愛情を注ぐことが自然にできるはずです。

子供もまた、大人になりアダルトチルドレンになってしまったとしても、様々な方法で克服することが出来るのです。そして晴れて自分が親になった時は、適切な愛情をかけられる親になれるといいですね。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ