機能不全家族で育ちアダルトチルドレンに! 女性 47歳 S.C.さん

「相手が感情的になると、すぐに自分が悪いと思ってしまう」「自分が本当はどうしたいのかわからない」「相手が暴力をふるう人でも我慢して、別れられない」……そんな人間関係での苦しさを感じることはありませんか。

それらの生きづらさは「アダルトチルドレン」だから感じているのかもしれません。アダルトチルドレンとは、子どもの時に家族関係に問題があり、子どもらしく甘えられずに大人になってしまった人を指します。

アダルトチルドレンは「機能不全家族」から生まれる

機能不全家族とは、家族が家族として機能していない、つまりお互いに認め合ったり子どもが子どもらしく育つ環境になっていなかったりすることです。ご両親の共働きや離婚が多い昨今、そのような家庭は珍しくはないでしょう。

「機能不全家族」を調べると、「子どもが尊重されていない」とか「子どもが抑圧されている」などの項目がたくさん出てきます。それを見ると、どなたも一つや二つは自分の育った家庭に当てはまる、と思うかもしれません。「戦後の日本は我慢をよしとする家庭だったから、日本人の多くがアダルトチルドレンである」という説すら、どこかで耳にしたことがあります。

私が育った家庭は、外から見たら「良いお母さん」と「働き者のお父さん」と妹弟の、ごく普通の家庭でした。表向きは。しかし機能不全家族の項目をチェックしてみると、11項目中、七つも当てはまりました。

「機能不全家族」で育ったからアダルトチルドレンになるとは限らない

私は長年、「正常な人間関係」も「自分が本当はどうしたいのか」もわかりませんでした。大人になっても「親のリモコン操作」の下でしか生きられませんでした。

母は父に大きな不満を抱き続け、それを私に子どもの頃から聞かせ続けました。私の悩みは形だけ聞いて、「アンタがおかしいのよ」と一蹴され、共感してもらえなかった。これが「機能不全家族」の一例です。

けれど同じ親に育てられたのに、妹と弟は、私のような「アダルトチルドレン」としての悩みはありません。なぜ私だけ?理由は二つあります。

理由1

一つは、母が「演説」を始めると、妹と弟は要領よく自室に逃げていたから。私は経験上「誰かが話を聞かないと母がヒステリックに荒れる」と、我慢して話を聞き続けました。

理由2

もう一つは、私の自己主張が弱かったから。のちにカウンセラーの先生から、「家族の歪みは弱いところに現れる」と言われました。私だけが、「機能不全家族」の問題を吸収していったようです。

実は親もアダルトチルドレン!?

自分がアダルトチルドレンだと気づき、その苦しさからカウンセリングを受け始めて、少なくとも「一方的な人間関係」に甘んじることはなくなりました。もう以前の自分には戻れません。

同時に、まだ修業中なので、子どもの頃に封じ込めてしまった感情、つまり親に対して「思ったようにしてくれない」といういらだちを感じます。相手に変わってほしいと思って、イライラしてしまうのです。

しかし振り返ると、私の両親も「相手に、自分が思ったように変わってほしい」といらだち、荒々しい「言葉の暴力」的なやりとりを繰り返しています。私と同じなの!?

父の親はしつけが厳しかったと聞きますし、母は「自分はかわいがられなかった」と自称しています。父も母もアダルトチルドレンの可能性が非常に濃厚です。このように、親がアダルトチルドレンだと子どももアダルトチルドレンになる可能性があります。アダルトチルドレンは連鎖するのです。

今からでも遅くはない、やり直し

「連鎖だから」と絶望することはありません。自分がアダルトチルドレンだと気づかなかったら、苦しいままでしょう。でも、自分がそうだと気づけたら?違う道を選べばよいのです。

人間関係の苦しさは、「相手を変える」ことでは解決できません。まず自分を変えることが大切です。自分が変われば相手も変わります。自分の状態に気づき、これを知れば、第一歩です。

カウンセラーの力を借りて

自分を変えると言っても、なかなか自分では客観的に見られません。私はカウンセラーの力を借りています。カウンセラーは共感してくれます。

「子ども時代のやり直し」をし、そこから自己肯定感や人間関係のイロハを学び直せます。自分の気持ちを大切にすること。自分を尊重できれば相手のことも尊重できるから、自己中心的にはなりません。

これらを実感できるようになるまで、カウンセラーは支えてくれます。子ども時代はつらかったかもしれない。けど、いくつからでもやり直しはできます。よりよい人間関係が作れるようになりましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ