アダルトチルドレンの原因~子供が親に期待されたすぎて

アダルトチルドレンアダルトチルドレン(AC)は、元来アルコール依存症の親の下で育ったことが定義の一つでしたが、後にその範囲は広がっていきました。

薬物依存、ギャンブル中毒、仕事中毒なども含まれ、さらに家庭内暴力や、父母が鬱病で苦しんでいる家庭も含まれる様になりました。

親の症状に拠らず、家庭としての何らかの機能が不足する、いわゆる「機能不全家族」が母体という捉え方です。

完璧主義の親

そして最近では、さらに新しいタイプが認識され始めています。「完璧主義の親」です。愛や期待というやさしい強制力で縛られ、就学就職だけでなく、性格や人間関係、考え方、異性との関わりや結婚に至るまで、気づけば全て親の期待通りに動いている、というものです。その結果、無意識に周囲の期待に沿うように振舞う、期待に反すると罪悪感に苛まれる、といった生き方を進む様になります。

ACを生み出した親は、たいてい自分が子供を心や言葉で縛り上げている事に気づきません。また、真っ白な心に刷り込まれていった子供の方も、それがその子の「常識」となるため、そこに問題が含まれていることに全く気づきません。

そんな心理的呪縛を受けた子供は、親の顔色を常に伺い、その顔色を曇らせることが最も悪であると思い、苦しみます。学校の成績が親の喜びや怒りに繋がる事が多いですが、成績の良い子供は誇らしく、成績の悪い子供は恥である、そんな考えの下で育てば子供の心は歪んでしまいます。これは精神科医やセラピスト達の言う「条件付の愛」に該当します。

一方的な押し付け

また物事に対して、こう考えるべきだ、こうするべきではない、といった一方的押し付けで子供の考えを矯正してきた場合も、子供のあるがままの感情や思いが失われ、本人の実感や体験に対して心が不感症になってしまいます。親も子もそれに気づかないまま、柔らかい子供の心には、言葉にならない不安や不満が確実に蓄積され、それが健全な心の成長を阻害してしまいます。

怒鳴ったり罵ったりしなくとも、たとえそれが優しく諭す言い方であっても、子供の心を大人の考えで矯正しつづければ、心の負債の蓄積はやがて歪んだ形で顔を出す様になってしまいます。そうして、ACが誕生してしまうのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ