アダルトチルドレンと引きこもりの関係は?解決には「理解」が必要!

アダルトチルドレンの人々は様々な問題を抱えて苦しんでいます。その問題の1つに挙げられるのが「引きこもり」です。アダルトチルドレンを抱えて専門機関に相談する人の中でも、特に相談が多い事案です。その数は、なんとおよそ半分にものぼります。つまり、それだけアダルトチルドレンで「引きこもり」に悩まされている人が多いということです。

一度「引きこもり」の状態に陥ってしまうと、なかなか抜け出すことができず、本人や周囲の人が辛い思いをしてしまうようになってしまいます。

また、辛い思いをするほかにも、「引きこもり」には様々なデメリットや問題点があります。そのことがさらに、「引きこもり」を引き起こしている本人や周囲の人を惑わせてしまいます。

そこでこちらの記事では、アダルトチルドレンの人々はなぜ「引きこもり」になるのか、また、「引きこもり」のデメリットや問題点、解決方法について解説していきます。

アダルトチルドレンはなぜ「引きこもり」になるの?「幼少期」がポイント!

この項では、アダルトチルドレンの人がなぜ「引きこもり」になるのかを解説します。

アダルトチルドレンの根源は「幼少期」にある!

アダルトチルドレンの人々が「引きこもり」を抱える理由の根底にあるのは「幼少期の体験」です。幼少期に辛い思いをした人は、アダルトチルドレンになりやすい傾向にあります。

どんな体験をするとアダルトチルドレンになりやすいの?

幼少期に「親の愛情を適切に注がれないこと」が、アダルトチルドレンになりやすい理由です。特に親が関係しており、幼少期に家庭内不和や親の暴力によって親から適切な愛情を得られなかった子どもが、「幼少期」を引きずってしまうことが、アダルトチルドレンを引き起こしてしまうと考えられています。

「引きこもり」のデメリットは?「社会性」が育たない!

この項では、「引きこもり」のデメリットについて解説していきます。

「引きこもり」は社会性が育たない!

「引きこもり」の最大のデメリットは、社会性が育たないことです。社会性が育たないと、生きていく上で息苦しさを感じてしまったり、生きづらさで息が詰まるような思いをしたりすることになります。

「社会性が育たない」とは、具体的にどのようなもの?

「社会性が育たない」とは、具体的に言うと「ほかの人が当たり前にできることができない」ということです。主に、以下のようなものが挙げられます。

    <「社会性が育たない」ということの具体例>

  • 外出ができない
  • 人の目が気になる
  • コミュニケーションがとれない
  • 雑談が苦手

「引きこもり」の問題点は?経済的な影響があるケースも!

「社会性が育たない」というデメリット以外にも、「引きこもり」には様々な問題が生じます。この項では、引きこもりの問題点について解説します。

「引きこもり」は世界が狭まる!

「引きこもり」の状態に陥ると、どうしても交友関係が狭まってしまいます。交友関係が狭まるということは、自分以外の視点で物事を見ることができなくなるということです。つまり、視野が広がらなくなり、自分の価値観でしか物事を見ることができなくなってしまいます。

「引きこもり」が経済的な圧迫を引きおこす!

「引きこもる」と、労働力が低下するケースが起こり得ます。労働力が低下することは、経済的な影響をもたらすことにつながります。収入がないことは本人にとっても辛いことですが、広い目で見ると、社会的にも打撃になるため、予想以上の規模に影響を及ぼすことになります。

「引きこもり」に親がしてはいけないことは?「追い詰める」ことはNG!

ただでさえアダルトチルドレンは親の影響が強いものですが、「引きこもり」を親が追い詰めることで、アダルトチルドレンの人々はさらに傷ついてしまいます。そこで、「引きこもり」を起こしているアダルトチルドレンの人に対して親がしてはいけないことを解説します。

「引きこもり」を責めることはNG!

「引きこもり」の人々は、望んで「引きこもり」の状態を引き起こしているわけではありません。本人も、「動きたいのに動けない」という矛盾した感情を抱えて苦しんでいます。そんなときに、「引きこもり」の状態を親が責めたり叱ったりすることは、より子どもを追い詰めることになり、逆効果となってしまいます。

「なぜ」「どうして」の設問攻めもNG!

親からすると、「引きこもり」になってしまった原因が気になるのは当然のことです。しかし、「なんで引きこもりになってしまったの?」「どうしてほかの人ができることができないの?」と問い詰めてしまうのは良くないことです。それは本人も一番苦しんでいることであり、自分では理由もわからないというケースも存在します。そんな中で問い詰められてしまうと、子どももどうして良いかわからない上に、「自分はほかの人ができることもできないダメな人間だ」という感情を募らせてしまうことになり、落ち込みや憂鬱感を招いてしまう結果となります。

「引きこもり」の解決方法は?「少しずつ進むこと」が大切!

「引きこもり」を解消するために大切なのは、もちろん「外の世界に出ること」です。ここで重要なのが、焦って行動をしないということです。焦って行動すると、無理が生じてしまい、挫折する可能性も高くなります。あくまで自分の無理のない範囲で、「少しずつ」行動の範囲を広げていくようにします。そうすることで、挫折感を味わうことが少なくなります。

「引きこもり」の問題点と解決方法は?「焦らず」解決することが重要!

アダルトチルドレンの人々はなぜ「引きこもり」になるのか、また、「引きこもり」のデメリットや問題点、解決方法について解説しました。アダルトチルドレンの人々は、幼少期に親から適切な愛情を注がれなかったことから、心に傷を負っています。その心の傷が癒されなかった結果が「引きこもり」です。

「引きこもり」には、様々な問題やデメリットがあります。まず挙げられるのが、「社会性が育たない」ということです。外出ができなくなってしまったり、コミュニケーションがとれなくなってしまったり、経済的な影響が出てしまう場合もあります。

そうなると親も焦ってしまい、子どもを責めたり叱ったりしてしまいがちですが、そのようなことはNGです。子どもの考えを受け入れ、理解することが大切です。それが「子どもに愛情を注ぐ」ということになるからです。「愛情を注ぐ」ことができれば、アダルトチルドレンの人々が抱える傷も癒されていきます。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ