子どもを支配する毒親の3つの特徴は?こんな親は子どもの悲しみに気付かない!

毒親という言葉が世間に浸透しつつあります。毒親には様々なパターンがありますが、どのパターンにおいても子どもの性格に大きな影響を与えます。

子どもは親の物ではありません。今回は毒親の特徴についてまとめます。

毒親の特徴1:進路や恋人まで決める…自分の意見を通したくて仕方がない親

毒親の中にはこのような過干渉タイプの親が多くいます。このような特徴の毒親は、子どもをまるで自分の物かのように支配したがります

一見子どもを大切に育てているようにも見えますが、子どもの意見は聞こうともしません。子どもが中学生や高校生になっても、親が決めてあげなければという意識が強く、進路なども親が決めます。子どもが親と違う意見を言えば、親は激怒し子どもを支配します。

またこのタイプの親は、あなたのことを思って言っているの、と子どもに言ったり、あなたの将来のために決めているのよ、というフレーズで子どもを縛り付けます。

毒親の特徴2:そんなこと言ってないわ…自分の非を認めない親

完璧な親などこの世にいません。しかしこのタイプの親は自分の意見が絶対だと勘違いしています。「これはするな、あれはするな」、と子どもの行動に制限をかけたり、子どもと意見が衝突しても自分の意見を曲げません。

例え親の意見が間違っていたとして、子どもがそのことを指摘しても、そんなことは言った覚えはないと開き直ります。中には、ねちねち過去のことを言ってくるなんて気持ち悪い、などと子どもに対して暴言を吐きます。

毒親の特徴3:恩返しを要求…子どもは親に感謝して当たり前だと思っている親

このタイプの親は子どもに対して、ここまで育ててやったんだから感謝しろと要求します。子どもの考え方を支配するだけでなく、子どもが働いて稼いだお金も管理しようとします。

また老後は必ず自分たちの面倒みるようにと押し付ける親も多くいます。

子どもには子どもの人生がある

毒親の特徴を3つまとめましたが、この他にも様々な特徴を持つ毒親がいます。どの毒親をみても、子どもの意見を尊重しないという共通点があります。

親にとって子どもはいつまでも子どもかもしれませんが、子どもには子どもの人生があります。子どもが悩んでいるときに手を差し伸べてあげれるような関係を心がけましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ