苦しみの原因は親だった!アダルトチルドレンだと気付いたきっかけ

アダルトチルドレンとは、幼いときから親の言いなりのような育て方をされ続け、心に傷を負った人のことをいいます。そして、子どもを支配する親のことを毒親と呼びます。

このような心に傷を負った人たちは、初めから自分がアダルトチルドレンだと気付いていたわけではありません。子どもはみんな自分と同じように、厳しく親に育てられるものだと思い込んでいるからです。

中には、あるきっかけがあっておかしいなと思い、調べてみるとアダルトチルドレンだったと分かる人も多くいます。アダルトチルドレンだと分かったきっかけをいくつかまとめます。

苦しい…世の中の生きづらさに悩んでいたとき

本来であれば家はリラックスできる場所のはずですが、毒親に育てられた子どもにとっては家は苦しい場所です。常に毒親の機嫌を伺いながら生活していたため、その感覚が社会に出ても抜けず、人間関係に支障が出てしまいます。

仕事の人間関係だけでなく、友人との関係にも悩む人が多く、どうしてこんなに苦しいんだろうと思ったことがアダルトチルドレンを知るきっかけになった人が多いです。

何を言っても反対…親に結婚を反対されたとき

本来の親であれば、自分の子どもが結婚するときには喜んでくれる親がほとんどでしょう。反対していたとしても、最終的には子どもの気持ちを理解して、応援してくれる親もいます。

しかし毒親の場合は違います。毒親は子どもへの強い執着心から、結婚をはっきりと反対します。いくら子どもが熱心に説得しようとしても聞きません。

親のことは捨てるのか、などと言う毒親もいます。どうして分かってくれないんだろう、と思い始めたことがきっかけでアダルトチルドレンに気付く人がいます。

お願い離れないで…自分が恋愛依存体質だと気付いたとき

アダルトチルドレンは何かに依存する傾向があります。中には恋愛依存症の人もいます。毒親に育てられた子どもは、自分はだめな人間なんだと思いながら育つ人がほとんどです。

そのせいもあり、恋愛においても恋人に捨てられたらどうしようと否定的です。恋人に重いと言われフラれることが多いのはなぜだろうと悩んでいたことがきっかけで、アダルトチルドレンだと分かるのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ