他人との距離感をうまく取ることで相手との関係が円滑になれます

アダルトチルドレンで苦しむ方は、他人との距離間をうまく保持するのが苦手であります。近すぎたり、阻害としたり極端な距離間を好む傾向があります。

しかしそれは、他人より考えると、しんどいものであり、より距離を置かれることとなるでしょう。かなしいことであります。

自己のためにも他人との距離をうまく取りましょう

他人との距離は近すぎると、相手も窮屈と感じ、自己も窮屈と感じることがあります。そして逆に阻害とする・拒絶とするという対応も相手に不快感を与え、より一層に距離を置かれることとなるでしょう。

阻害される前に自己が疎外とする傾向があるのですが、阻害を恐れず相手の懐に一歩踏み出しましょう。それは一歩であります。

近すぎは厳禁であります。何事もバランスが大切であり、過剰な距離間はお互いを圧迫となります。

柔軟な距離間が相手との関係を円滑に

何事も柔軟な距離間は相手との関係を円滑とするのです。近づいたと思ったら、離れるといった柔軟さは大切であり重要です。

そういう判断をすることは大変であり、苦しいことかもしれません。しかしそれも経験であります。相手の立場に立ち今はどういう時なのかを判断しましょう。自己の行動を第三者として考えるとよりいい判断ができます。

何事も自己の事と考えると深く深刻に考えてしまうのかもしれません。第三者として考えることで、冷静な判断ができます。何事も冷静さは必要です。冷静さは柔軟さも生みます。

パニックとなるのは心に余裕がなく、冷静な判断ができなくなることが要因です。柔軟な心、冷静な判断、心の成長は治癒にとってより重要だということがわかるでしょう。

どちらにしても経験が必要であり、自己の心の扉を開くことが必要不可欠です。それがなければ何もできないし始まらないと思われます。

自己の気持ち次第であります。自己が変化する努力をすれば、まわりも自然と対応を変えてくれるでしょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ