自責心が強い大人?アダルトチルドレンの可能性がある!

アダルトチルドレンの人は自信の無さから失敗や周りからの評価を過剰に感じてしまい、自分をダメな人間だと自責することが多いです。その結果、行きづらさを感じる日々が続いてしまいます。

ですが当人の能力よりも、育ってきた環境が原因でその思考が芽生えることが多いです。親に何か問題があることで生じる機能不全家族で育った影響で、自責心が強くなっています。その為、まずは辛い感情を捨てる方法を見つけましょう。

自責心が強い?余計な感情まで背負ってしまう!

自責心が強いと本来なら背負う必要のない責任まで、背負ってしまう可能性もあります。本当なら自分と関係ないトラブルでも、自分が原因だと思い込んでしまい、事態の解決に走ってしまいます。

例えば、近所が落ち葉で散らばっている理由を、自分が掃除が怠ったからだと考えてしまうことです。突風や季節の変わり目が大きな原因であるのに、自分だけで片付けようとします。例えが極端ですが、自責心が強いと自分が正しいと思えなくなります。

全てを自分のせいにしない

自分のミスが原因で本当に仕事が失敗したり、または故意で誰かを傷付けた時は反省して謝罪する必要があります。しかしそうでない場合は、トラブルが起きても自分の責任と思う必要はありません。誰かから責任を押し付けられても、身に覚えがなければ無視しましょう。

まずは認知を改めよう

何でもかんでも自分の責任にするのは謙虚ではなく、傲慢でもあります。自分はそれだけの影響力がある人間であると自分から宣言しているようなものです。例えそのような意図がなくても、周りはうんざりすることを忘れてはいけません。

信頼を失ってしまう

全てを自分の責任だと考えていると、周りからの評価も落ちてしまいます。自分に責任を擦り付けられたら信頼を失いますし、また自信が持てない人間に重要な役割を任されることはありません。落ち込むよりも、まずは原因の究明の方が大事です。

    <自責心を強くする原因は>

  • 子どもの頃に大人から責められ続けた経験にある
  • 失敗が多く、些細なことで責められてしまったことが原因
  • 当人も努力しても報われなかった経験にある
  • 親から愛情を受け取れず、その原因は自分の至らなさにあると考えてしまう
  • 誰かに頼ってはいけないという間違った価値観

自信が持てない?まずは経験を積み重ねよう!

自己評価が低いと自責心が強くなります。自分に自信が持てないことでマイナス思考に支配されてしまい、何もかもが自分の責任だと考えてしまいます。それを改善するには、少しずつ経験を重ねることが一番です。

多くの知識を身に付けて

経験を重ねるなら、まずは一つでも多くの知識を身に付けましょう。その知識を元に行動を重ねていけば、自然と人間性が成熟していきます。学習や運動、果てや娯楽など何でもいいので、自己肯定感を持てるようにしましょう。

興味の幅を広げていく

一つの事を極めることも大事ですが、興味を広めていけばその分だけスキルが増えることがあります。また視野が広ければその分だけ視点が増えて、新しいアイディアが生まれることもあります。興味のないことにも目を向ければ、話題も増えていきます。

不安が多い?まずは誰かに相談をしよう!

生きている内は誰でも不安になることがあり、それはアダルトチルドレンの人でなくても同様です。そういう時は迷わず相談をして、一緒に解決策を考えることが必要となります。

きちんとした人にSOSを

注意するべきなのは、インターネットの掲示板やSNSで飛び交うような無責任な意見に惑わされないことです。インターネットで飛び交う誹謗中傷に耳を傾けても、得られるものは何もありません。

心が苦しい時は精神科の方に相談をすることが確実です。専門家の意見を伺った方が確実に解決しますし、また自分の傷も癒えていきます。まずは信頼できる人を探しましょう。

周りの評価が気になる?それがトラブルの元に!

周りからの視線を気にしすぎると、評価をされない自分を問題視してしまい、自責の念が強くなります。周りへの配慮は大事ですが、行き過ぎては息苦しくなります。時には周りの視線を気にしないことも必要です。

周囲を気にしすぎない

周りから責められることになっても、きちんと参考にできる意見は取り入れるべきですが、何もかもを聞こうとしては疲れます。何かを得るには何かを捨てなければいけない時も訪れるので、時には周囲の目を無視して自分の決めたことに進んでみましょう。

自分を否定する習慣?少しずつ改善していこう!

自責心が強すぎると、自分を否定することが習慣になってしまいます。しかしその習慣を改善することは可能なので、まずは自分を責めることをやめてみましょう。

繰り返しますが、反省は大事です。しかし過去のことをいつまでも引き摺っても何かが生まれることはなく、むしろ自分を傷付けてしまいます。まずは自分を幸せになれる習慣を取り入れましょう。

簡単に改善できない

自分の好きなことができるようになるには努力を重ねるべきですし、また自分を否定する癖を改善することは難しいです。まずはやりたいことに必要な行動を、一日数分でもいいので継続してみましょう。少しの積み重ねが、大きな成果となるのです。

責任を手放す?まずは自分だけの時間を生きて!

生きていく上で果たさなければいけない責任はあります。仕事はきちんとこなすべきですし、また周囲に迷惑をかけるような自分勝手な行為は許されません。しかし自分がやる必要のない義務は手放してもいいのです。

アダルトチルドレンの人は気が弱くもあり、本当なら自分がやるべきではない責任まで果たそうとします。しかし一人にできることは限りがあるので、自分の力量を把握した上で挑戦しましょう。

例え失敗しても、それを過剰に責める必要はありません。誰でも失敗をしますし、失敗を重ねることで成功に繋がります。まずは自分がやりたいことができる時間を作ってみましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ