少し人に頼りすぎじゃない?依存性パーソナリティ障害かも!

あなたの周りにいつも人を頼りにして、自分では何の意見も言わない人や人の意見に合わせて「そう思う」だけ言う人っていませんか?

特に女性によくいます。付き合う時間が長くなると、本当に考えているのかな?なんて感じます。自分でそれくらい出来ないのかな?と疑う事も多くなって来ます。

そのうちに面倒見切れなくなり、周りの人が離れます。その後彼女は、少しの間はついて来ますが他の人を見つけてついています。これは、依存性パーソナリティ障害の可能性があります。今回は、依存性パーソナリティ障害について調べました。

依存性パーソナリティ障害とは?常に人に頼る!

依存性パーソナリティ障害とは、パーソナリティ障害の中のC郡の中に含まれています。男女の比率としては、女性に多く見る事があります。

依存性パーソナリティ障害とは常に人を頼り、日常生活のほんの些細な事も自分で決める事が出来ずに他の人自分が頼りにしている人に決めてもらう状態の事です。

人間関係でも、対等な立場を保つ事が出来ないので上下関係になりやすくストレスを溜めやすくなり、なかなか難しい状態になっています。

その症状とは?

依存性パーソナリティ障害は、その中でも幾つかに分類されているので違いはありますが、その中でもよく見られる症状を下記に挙げてみました。

  • 日常生活のどんな小さな事も自分で決める事が出来ない
  • 責任ある仕事等は避ける
  • 嫌われる事に大きな不安がある
  • 常に守ってもらう気持ちが強い
  • 1人になる事の恐怖が大きい

なぜ自分で決められない?親が原因の時もある!

依存性パーソナリティ障害の人は、育った環境が大きな原因のひとつと考えられます。家庭内暴力や、親からの育児放棄等もそうです。

特に多く原因としてよく見られるのは、末っ子や家庭の中みんなの中で1番下の立場などにある時などです。家族みんなの必要以上の保護の下で、大事に育てられたりする事も原因の1つにあります。

親が原因とは?

子供が考える前や決める前に、親が決めてしまう事で子供は自分で考える事が必要ないと自然と考えるようになります。そして、考えられなくなってしまうのです。

依存性パーソナリティ障害も種類がある?あります!

パーソナリティ障害の分類の中で、C郡の恐怖心や不安感が強い特徴の中にあります。人に依存しやすいという事と、依存する相手との上下関係が目立ちます。

依存性パーソナリティ障害も相手に依存するだけではなく、その中でも種類が幾つかに分類されています。そして、大きく分けると3つにする事が出来ます。ひとつは、「保護を強く求める」次には「自己評価が低いすぎる」、「保護と自己評価低い事の混合」です。

保護を強く求める!

いつまでも子供のようで、周囲の人に保護してもらう事を求める気持ちが強いです。本当は出来るのに、しない事を選んでしまっているのです。

自己評価が低いすぎる!

本当は生活力もあり、社会性もあるのに自分には出来ないという思い込みが強いのです。自分に不利になる様な関係も断ち切る事が出来ないのでDVの被害を受けるケースもあります。

保護と自己評価低い事の混合!

多く見られるケースで、自信が無い事や人に頼る心から周りに合わせる事が多くなり本当の自分が分からなくなり心が不安定になり易いです。

多くいる依存性パーソナリティ障害?問題が分かり難い!

依存性の問題を抱えている人はわりと多くいます。だれが見ても分かるくらいの支障がある時には、依存性パーソナリティ障害と診断されます。

ところが、一見きちんとした大人の行動や態度を見せるのです。依存性パーソナリティ障害の部分は人前では隠している人もいるのです。この様な状態の中で、精神的にも疲れが溜り苦しんでいる人もいます。

そんな方たちの特徴は?

一見は普通の奥さん、お母さん、学生さんや社会人として生活しています。この様な方たちの特徴を下記に幾つか挙げてみました。

  • 自分が選んで決めた事が、間違えているのではといつも考えている
  • 1人で過ごす事が出来ない
  • ライン、SNS等でいつも誰かと繋がっていないと不安になる

放置する事は危険?ストレスで合併症の可能性がある!

ある程度のストレスは、人には必要な時もあります。ただし、それが常に不安な状態を続けるという事になると、とても危険な事になります。

この様な状態が続く事で、他の精神疾患を併発してしまうからです。パーソナリティ障害の患者さんは、幾つかの病気を併発しやすいのでとても注意が必要です。併発した時には、状況を見て同時に治療していく事も必要になります。

不安障害とは?

とくに、依存性パーソナリティ障害の方が併発しやすい疾患のひとつになります。強い不安感があり、心身に色々な症状がでます。

うつ病とは?

眠れない、1日中気分の落ち込みがあり楽しめない等の状態が続きます。人間関係が上手くいかない事が原因になり、他のパーソナリティ障害でも併発しやすいです。

まとめ

依存性パーソナリティ障害について症状や原因と軽い依存性パーソナリティ障害の状態について等を紹介しました。パーソナリティ障害の中でも、多くの人に見られている疾患です。

自分が誰かに依存している事に気が付いていないのでその事を早く気づかせる必要があります。この状態から出る為には、早めに専門医へ受診をして対応をして下さい。新たに他の精神疾患を患う前に、早めに行動して下さい。1番は、ご本人の為そして周りの人の為です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ