適応障害とはどの様な病気?過度のストレスによる心の病です

適応障害が起こる主な要因として心理的又は社会的なストレスによって引き起こされる症状で、そのストレスを感じ始めて1ヵ月程度で情緒的又は非社会的な行動が現れてくる物です。

ただうつ病等とは異なり、受けたストレスが無くなった環境ではその症状の改善が見られます。

適応障害の具体的症状はどの様な物があるのか

適応障害ではどの様な症状が現れるのでしょう。いくつか具体例を紹介します。

  • 情緒的症状は、常に落ち込んでいる気分になる抑うつ状態、不安や苦しみを感じている、物事や人生への絶望感、怒り、焦り、緊張感等があげられ、情緒が非常に不安定な状態になります。
  • 非社会的症状は、会社等の無断欠勤や学校等の欠席、過度の食事や飲酒、自動車等の無謀運転、ケンカをし易い、物を壊したりする破壊等、基本的な社会生活を無視する様な症状を起こします。

適応障害とうつ病は違う病気です

適応障害とうつ病の症状は大変似ており医師でも診断を誤ったり、後から診断内容や治療について変更をする事があります。適応障害とうつ病の最大の違いは、症状の持続性に有ります。

適応障害の場合、要因となっているストレスを取り除く事で症状の軽減が見られ、6ヵ月以上症状が続く事は有りませんが、うつ病の場合は要因であるストレス等を取り除いても、安心や楽しい気持ちになる事が無く、症状が持続してしまいます。

適応障害は何歳で発症するのか

適応障害は何歳くらいで発症してしまうのでしょう。答えは子供から大人まで幅広く発症する心の病です。例えば子供であれば新し環境に変化する時(学校への入学や進学、転校など)や、ご両親の離婚や死等も要因になってしまう事が考えられます。

成人であれば就職や新しい職場環境、生活環境、新しい上司等も有りますし、結婚や出産等もあげられます。往々にして就学中の子供の病気である印象を持っておりますが、大人でも環境の変化で強いストレスを受けた場合には発症します。ただ大人の場合はうつ病の方に重みが置かれている様に感じます。

まとめ

適応障害は子供から大人まで幅広くその症状に悩んでいる方が多い「心の病気」です。現代社会の様にストレスの非常に多い社会では、今後も益々この様な心の病が増えてくる物と考えます。

その為周りにいる人達の理解と協力無くしては病気を治す事が難しいものです。家庭ではご家族の理解と協力は勿論ですが、学校であれば教師や友達、会社員であれば同僚や上司等が、適応障害と言う病気の事を良く理解し、とにかく病気の原因となるストレス等をどの様にして患者から取り除き、心のケアが出来るかがこの病気を治す為の鍵です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ