パーソナリティ障害は全部で10種類!分類ごとにみる特徴を解説!

パーソナリティに問題を抱え、生活に支障の出ている人たちのことを、パーソナリティ障害と言います。ですが、パーソナリティとはそもそも一人ひとり違っていて当たり前。それが障害されるとはいったいどのような状態なのでしょう?

パーソナリティ障害は単なる性格とはどう違うのか、ピンとこない人も少なくありません。全部で10のタイプに分けられるパーソナリティ障害の分類やそれぞれのタイプの特徴を解説します。

パーソナリティの障害とは?パーソナリティ障害は性格か病気か?

パーソナリティに障害がある状態とはいったいどんなことなのでしょう?そもそもパーソナリティとは日本語で人格のこと。一人ひとり違っているのは当然です。神のような「人格者」もいれば、「ものすごくイヤな奴」と言わざるを得ない人だっています。

ですが、それらすべてが「その人らしさ」であり、その人のパーソナリティです。そうすると、パーソナリティ障害とは病気なのでしょうか?

パーソナリティとは?

パーソナリティ、日本語で言えば人格とは、遺伝的な要因と環境的な要因が合わさって形作られています。つまり、持って生まれた性格に、経験などの後天的な要素が影響を与えることで「その人」特有のパーソナリティができあがるのです。

障害の意味するものとは?

「その人らしさ」の源であるパーソナリティ。それが障害されるとは、一体どういうことなのでしょう?一般的な定義から言えば、「通常に満たない、普通の状態を邪魔するもの」が障害です。では、パーソナリティが障害されるとは、現実的にはどのようなことを指すのでしょうか?

日常生活に支障があるか?

パーソナリティ障害であるか否かの基準のひとつが、日常生活を送るうえで支障や問題が生じているかです。本人も周囲も何も困っていないならば、それは「個性」の範囲内。しかし、人間関係や金銭面などで問題が起こる場合、それは治療を必要とするパーソナリティ障害であると捉えられるのです。

パーソナリティ障害は全部で10種類!3つのグループに分けられる!

生きていく上で問題を抱えてしまう場合、それは「性格」や「個性」ではなく、疾患としてのパーソナリティ障害です。パーソナリティは各人異なるものですが、ある一定の共通項を持っています。

それらの顕著な特徴や傾向によって、パーソナリティ障害は全部で10種類に分類されています。

パーソナリティ障害は3つのグループに分けられる

パーソナリティ障害を特徴や傾向ごとにカテゴリすると、まずは大きく3つのグループに分けることができます。
<パーソナリティ障害の3大グループ>

  • A群:オッド・タイプ(奇妙で風変わり)
  • B群:ドラマチック・タイプ(感情的で移り気)
  • C群:アンクシャス・タイプ(不安で内向的)

これらのグループの中に、全部で10種類のパーソナリティ障害が当てはめられているのです。

各群のパーソナリティ障害の種類

3つの大カテゴリの中にそれぞれ分類されているのは、このようなパーソナリティ障害です。ひとつのカテゴリ内の各種類は、ある程度似た傾向があります。
<パーソナリティ障害の区分と種類>

  • A群:妄想性パーソナリティ障害・統合失調質パーソナリティ障害・統合失調型パーソナリティ障害
  • B群:境界性パーソナリティ障害・自己愛性パーソナリティ障害・反社会性パーソナリティ障害・演技性パーソナリティ障害
  • C群:依存性パーソナリティ障害・強迫性パーソナリティ障害・回避性パーソナリティ障害

では、それぞれの特徴を見ていくことにしましょう。

A群はどんな人?奇妙で風変わりなオッド・タイプの特徴は?

A群の人たちはオッド・タイプと呼ばれます。このグループに属する人たちにはどのような傾向や特徴があるのでしょう?

妄想性パーソナリティ障害

妄想性パーソナリティ障害の特徴として、不信感や猜疑心があります。被害妄想が強く、やたらと人を疑ったり、周囲の人の言動は自分に対して悪意や敵意があると捉えたりしてしまうのです。

統合失調質パーソナリティ障害

非社交的で他者への関心が乏しいことが特徴で、「変わり者」や「独自の世界観の中で生きる人」のように映ります。他者と関わることを好みませんが、そこに悪意や敵意があるわけではありません。

統合失調型パーソナリティ障害

名前は統合失調質パーソナリティ障害と似ていますが、その特徴は全く異なっています。精神疾患である統合失調症と同じように、常識とはかけ離れた奇妙な発想や空想、異常な信念を持つのが特徴です。

B群はどんな人?感情的で移り気なドラマチック・タイプの特徴は?

B群の人たちはドラマチック・タイプと呼ばれます。このグループに属する人たちにはどのような傾向や特徴があるのでしょう?

境界性パーソナリティ障害

パーソナリティ障害の中で最も多くの割合を占めています。感情や対人関係が非常に不安定で、衝動的な行動をとるのが特徴です。

自己愛性パーソナリティ障害

自己に対する評価に固執し、尊大で傲慢な態度をとります。自分は他人よりも優れている・人とは違うという思い込みによって、自分の能力を過大評価しているのが原因です。

反社会性パーソナリティ障害

社会のルールを犯すことに対する罪悪感を覚えない、衝動的で時には暴力的な言動が特徴です。反社会的行動をする自分を正当化し、反省することはありません。

演技性パーソナリティ障害

他者の注目を集めることへのこだわりが強く、派手な外見や過剰な演技的行動が特徴です。注目されるためには手段を選ばす、時には平気でうそをついたりします。

C群はどんな人?不安で内向的なアンクシャス・タイプの特徴は?

C群の人たちはアンクシャス・タイプと呼ばれます。このグループに属する人たちにはどのような傾向や特徴があるのでしょう?

依存性パーソナリティ障害

孤独に耐えることができず、他者に対する過度の依存がみられます。誰かの助言なしでは自分で何も決められない傾向が非常に強いのが特徴です。

強迫性パーソナリティ障害

融通が利かず、あるルールに固執する傾向が強いのがこのタイプ。少しでもこだわりから外れることが我慢なりません。合理性のないマイルールを他者にも押し付け、トラブルに繋がることも少なくないのが特徴です。

回避性パーソナリティ障害

物事に対して不安や緊張が生じやすい傾向があり、困難を避けたり逃げたりしてしまいます。その根底には自分への批判に対する異常な恐れがあります。

パーソナリティ障害の症状は多彩!なかには自覚がない人も!

持って生まれた先天的な性格と、経験や環境などの後天的な要素が合わさった結果として、パーソナリティは形成されます。それが上手くいかず、生活に支障や問題が生じているのがパーソナリティ障害です。

その特徴によって10のタイプに分けられるのですが、なかには自分がパーソナリティ障害であることへの自覚がない人もいるのです。

パーソナリティ障害の治療には、自ら主体性を持って取り組むことが不可欠。障害に対する無自覚は、治療の機会そのものを奪ってしまうことにつながります。これが、パーソナリティ障害の治療が難しいとされる原因のひとつでもあります。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ