適応障害の症状とは?体と心に異常を感じたらすぐ病院へ!

適応障害という言葉を聞いたことはありますか?字の如く適応が出来ずになにかしらの障害がでることです。

今は新型うつ病として広まってきてはいますが、実際に自分がなったり、他人がなったりして初めて適応障害というものがあることを知ります。

自分自身が適応障害と診断され、初めて適応障害という言葉を知りました。今回は適応障害の症状を書きたいと思います。

こんな症状が出たら注意!少しずつ侵食される症状

まずは体のだるさを感じます。以前までは仕事は嫌だなと思うこともあると思いますが起きて準備して会社に行く、という普通に出勤は出来ていたと思います。それが少しずつ変わっていきます。

出勤前に吐き気と頭痛が毎日出るようになります。毎日どうすれば仕事を休めるか、交通事故が起きれば会社に行かなくてすむといったことを考えます。そして仕事中に自分のやってること言ってることが正しいのか不安に押しつぶされるようになります。

これでいいんだよな?いつもはこう言ってるからそれでいいんだよな?といってどんどん自信がなくなっていきす。また今はこれやっていいんだろうか?順番は間違ってないか?

といった、優先順位を立てての仕事の仕方も分からなくなりいちいち上の人に聞かないと分からなくなってしまいます。自分自身での決断が全く出来なくなってしまう状態になっていきます。

性格の問題ではなくホルモンが起こす症状

決断が出来ない、という性格は誰しもあると思います。また優柔不断だったり石橋を叩いて渡るような慎重な性格だったりあります。ですが仕事だと小さなことでも決断が出来なくなってしまっています。

以前だったらすぐ出るはずの答えに本当にこれでいいのか?間違っていないか?指摘されないか?また、何か言われるんじゃないか?と自分に自信が持てなくなり、また上司に質問していいのか?

しない方がいいのか?といった判断さえも鈍ってきます。上司から決断力を付けろ、優柔不断な性格をどうにかしろと言われる場合もあるかと思います。決断することを元々ストレスに感じている人も一定数いると思うのでそういった方には酷く辛く感じホルモンバランスが崩れやすくなります。

なので、性格の問題ではなく、決断するということに対して適応出来なくなってしまったのです。

自然と涙が出るようになったら黄色信号

夜寝る前や仕事行く前に泣きたくなりませんか?もし毎日泣きたくなったり、仕事のことを考えると自然と泣きたくなるといった方は何かしらの症状がでている可能性が高いです。

人間はそう簡単に泣きません。感動したときや嬉しいときが続いて泣くことは素敵なことですが、辛くてなくということは精神的に異常を起こしてる可能性があります。

無理はしないことを、自分の心と体を第一に考えゆっくり休むということをお勧めします。

まとめ

もし、自殺やこのままだと会社に迷惑をかける、申し訳ない、こんな自分がいても仕方ないと負のループに陥っている場合は本当に危険です。

もし自殺を考えているなら一度病院へ行くことをお勧めします。病院に行く決心が付くまでは長いと思います。ですが不安感が強く出て仕事中涙声になってしまったり、泣いてしまったことがある方は1人で悩まないでください。

仕事で週に何回は泣いているという状態でしたらそれはおかしいと思い受診してみてください。もし、適応障害といわれて休職することとなれば自殺願望は薄れ少しずつ生きてて良かったと思うことが増えてきてます。

なので、体の異変や泣くことが増えたと思う方、また自殺願望がある方は一度受診をオススメします。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ