人間関係が築けないアダルトチルドレンの原因は完璧主義だった!

アダルトチルドレンの特徴としては、人間関係がうまくできないという症状があります。

人間関係が築けいないと孤独になって、引きこもりなど更に症状が悪化することが考えられます。

そんな、アダルトチルドレンの特徴の一つである人間関係の困難さについて今回は紹介します。

人間関係が築けないのは他人が信用できないから

アダルトチルドレンは、幼少期などに愛情を得なければならないにもかかわらず、夫婦間で罵り合いや喧嘩があったりなどして心理的には愛情に飢えている面があるのです。そして、そういった側面と同時に過度に相手に嫌われたりすることを恐れています。

その恐れがあるからこそ、最初から人間関係を築きたいくないというような傾向があったり、人間関係を傷つけたくないからと言って過度に接してみたりしてしまうことで、かえって相手から甘えられてしまったというようなことがあったりするのです。

親密な関係ができない原因は完璧主義だから?

また、アダルトチルドレンの方は完璧主義的な傾向にあると言われています。

アダルトチルドレンの方は承認欲求を満たすために過度な完璧を目指したり、それをじぶんだけではなく相手にも求めるような傾向が存在します。

そんな状況から、相手はその完璧主義に嫌気がさして離れていってしまうような傾向があります。そうやって相手との関係がうまくいかず、人間関係がうまくいかないというケースも存在します。

もっと自分が認められるはずだと思い気楽に生きていくべき

このような人間関係を築けない人は、「自分が人から認められていないのではないか?」とか、「人から求められていないのではないか?」といった不安感が原因となってうまく人間関係が築けないところがあると思われます。

そういったことがないように、人間関係を作っていくためには自分自身がもっといろいろな人から認められていたり、肯定されているという自信を持つことが大事だと思います。

うまくいかなくても、ゆっくりでいいので、人と向き合っていけば、少しずつ相手との距離もうまく取れるようになりますし、次第に肯定感などが生まれればアダルトチルドレンの症状も改善すると思われます。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ