人間関係がうまく築けない!アダルトチルドレンが陥る4つの症状は?

アダルトチルドレンとは、元はアルコール依存症の親を持つ子供が暴力行為、愛情不足、親の関心不足などにより成長過程で影響を受け、大人になっても生き辛さを感じている人々の事です。

しかし、近年、アルコール依存症だけに捉われずに、正常な家族機能が無くなった環境で育った子供が、その環境が原因で大人の社会生活に馴染めないなど問題が起きている場合にもアダルトチルドレンと言う言葉が使用されています

では、アダルトチルドレンであると人間関係においてどのような支障が出るのでしょうか?

アダルトチルドレンで病気になることも?

アダルトチルドレンというのは何も特別な存在ではないことがわかっています。自分にも成りえる可能性があるのです。

アダルトチルドレンは病気ではありません。決まった規定はありませんので、個人が育ってきた家庭が違う為、個人的見解が分かれるのです。

人の気持ちというのは、どう感じて、どのように生きていくかで大きく変化していきます。学んできた環境が違うので、例え同じような人生であったとしても全く同じ思考の人間はいないのです。

しかし、アダルトチルドレンが原因で、様々な精神的な疾患などの病気になってしまうことも考えられます。

もしかして私も?

主な症状をいくつか紹介しましょう。

マイナス思考」という考えがありますが、アダルトチルドレンの症状として挙げられます。深読みし過ぎたり、自分にとって都合の悪い方へ考え進めたりします。

白黒思考」という考えもアダルトチルドレンに良く見られる傾向です。白か黒かをハッキリと決め付ける傾向があり、自分と違うものを悪と決め付けます。

自己正当化する」こともよくあります。自分以外が悪いと決め付けて他者を排除しようとする考えです。

他者に対する思い込み相手に対する思い込みや感情が先走りし、自分の主観で捉える考えです。自分を優先し、間違っていても自分を疑わないのも特徴と言えます。

人間関係が築けない

症状は、多種多様ですが、アダルトチルドレンは決して悪い病気と言う訳ではありません。

マイナス思考というのは、反対すると不安になっているだけであり、未然に事故が防げる可能性を秘めています。

人間関係を形成する上で不安要素はありますが、これらの考えを相手に押し付けてはなかなか上手くいかないのも事実です。自分を客観的に見つめ、相手が今どんな風に考えているかを考えて見つめて欲しいのです。

人間関係を円滑にするには

人間関係というのは、誰でも難しいものです。アダルトチルドレンの克服方法として良いのは、自分の今までの人生を見つめなおして受け入れるということです。

そして、受け入れた自分にも他人にも愛情を持って接することが大事です。

すぐに行動せずに物事から一歩置いて考える、相手の立場、思考を理解するように努めるようにしましょう。そうすることで、客観的に判断できるようになります。

人間関係が築けないと悩むのは相手にとって良い人間であろうと考えているから起こるのですから、その気持ちが大切なのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ