自分らしく生きる為に!毒親から自分を守る3つの対策

毒親とは、子供に対して悪影響を及ぼす親の事をいい、様々なタイプがあります。

虐待や育児放棄をする親もそうですが、過保護や過干渉といった行為も毒親に値します。

その場合、親は子供の為にしている行為だと勘違いして自分が毒親だと気づいてないことも多いです。

毒親から自分を守る為に、毒親に悩む子供はどのような対策をとればよいのでしょうか。

悩みを打ち明けよう!一人で悩まず相談する

子供は幼い頃は、親の言うことは全て正しく絶対的であると信じています。成長につれ自分の意志が芽生えると、親に反抗して自分の意見を押し通すようになり少しずつ自立していきます。

毒親の元で言いなりになって育つと、親に反抗することができずに親のいいなりのまま育つ場合があります。親に抑圧されて育つと、自分のやりたいことやなりたい職業を我慢し続けて精神的なストレスがどんどん溜まってくるでしょう。

親の言いつけを守るのが親孝行だと考えて親の幸せを優先させていると、子供自身の満足いく幸せを得ることができません。自分自身の幸せを最優先に考えるべきなのです。親に対して悩んでいる場合には、信頼できる大人や専門のカウンセラーなどにまずは相談してみましょう。

毒親からのストレスを持ち続けていると、いつか精神的疾患を患ったりする場合もあります。専門医に相談することで、あなたの苦しみや悩みから克服する方法を共に探してくれるでしょう。

親の言いなりにならない!本音をぶつける

過干渉な毒親は、あれこれと口出ししたり、先回りして手をだしてきたりします。進学先や就職先などにも口出しして、親の言いなりにさせようとするかもしれません。親の幸せを考えていいなりになってばかりでは、あなたが心から満足いく幸せを見つけることはできません。

親と対立して悲しませたくないと考えているかもしれませんが、あなたの人生はあなたのもので誰にも支配させることはないのです。干渉して無理強いしてくる親に対して、本音をぶつけてみましょう。

自分の思い通りにならない子供に対して、親は嘆き悲しむかもしれませんがそれが親にとっての子離れなのです。いつまでも親の思い通りになる「いい子」でいては、自分の本当の幸せを得ることができないでしょう。

話し合いに応じない親には!親から逃げる

自分の意志を親に伝えても全く自分の意見を尊重してくれない親の場合には、親から自立して別々に暮らすのも方法の一つです。子供に依存している毒親の場合には、子供が一人暮らしを始めるのを反対するかもしれません。

毒親自身が子離れをすることができないのです。自立するのを反対されたとしても無理にでも、親がきちんと子離れできるように一人暮らしすることで距離を取ってあげましょう。

進学や就職、留学など、独立できるタイミングがあればスムーズに自立することができるでしょう。

まとめ

毒親の悪影響のもとで悩み苦しんでいる場合には、信頼できる大人や専門のカウンセラーに相談しましょう。

相談することで、親の抑圧のもとで抱えている悩みやストレスから解放されることができます。毒親の言いなりになっていては、自分自身の幸せを得ることができません。親に対して、自分の思いを本音でぶつけてみましょう。

親の思い通りの「いい子」になるより、自分の気持ちを最優先して自分の満足いく人生を進んでいくのです。親との話し合いが決裂するようであれば、家を出て親から逃げるのも方法の一つです。

親から自立して、自分らしい生き方を手に入れましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ