アダルトチルドレンになるメカニズムときっかけになる原因とは?

アダルトチルドレンの定義は、「子どもの成育に悪影響を与える親のもとで育ち、成長してもなお精神的影響を受け続ける人々」とされています。

子どもの成長にとって良くない影響を及ぼす親のもとで育つと、アダルトチルドレンになりやすいというわけです。

では、どのようなきっかけが子どもをアダルトチルドレンにしてしまうのでしょうか。そのメカニズムを説明します。

どういう経緯でアダルトチルドレンになるの?

もともと、親は子どもに無条件で愛情を与えることにより、子どもは健やかに成長するとされています。しかし、多くの家庭で条件付の愛情による子育てや教育が行われているというのが現状だと考えられています。

条件付の愛情の具体例としは、留守番の時間が長い子どもが親の帰りを待ち、親はそれを褒めるといった環境でも、アダルトチルドレンの要因となる恐れがあります。子どもは親のいない時間を、いい子で待つことにより褒められるという愛情を得られると学習してしまうためです。

これらのすべての事象がアダルトチルドレンにつながるとは限りませんが、子どもの欲求を押し殺して親の要望通りに育てるということは、子どもがアダルトチルドレンになることを助長させているといえます。

アダルトチルドレンになりやすい家庭とは?

家庭内で子どもが充実した時間を過ごせるかどうかもカギになります。

親が子どもに無関心な場合や親が不在の場合が多いなど、家庭内のつながりや愛情が薄くなった時や、愛情を注いでいるつもりでも子どもが受け止めることができていない時などもアダルトチルドレンの要因になりやすいです。

さらに、子どもに対して「産まなければよかった」など否定の言葉を浴びせることが多い親の子どもはアダルトチルドレンになりやすいです。

否定されて育った場合、自尊心が低くなり、自分の存在価値が無いものだと思い込みやすくなります。特に親から否定された場合はその思い込みがより強くなります。また、大人になって何か問題が生じた場合、自分を責めるようになることが多くなります。

甘やかしてもアダルトチルドレンになる!

逆に、過保護に育てられてもアダルトチルドレンになる恐れがあります。甘やかされていたり、身の周りの世話を親任せだったりした場合です。

親の言うとおりに行動してきたことが多いため、大人になっても自分で判断して行動することが不可能なことがあります。何かをしてくれるということが自分への愛情ととらえるため、自分に関心がいかないと不安を感じることもあります。

ひどいケースだと、自分の性格や置かれた状況を親のせいにすることもあります。

アダルトチルドレンを克服するには?

これらのように、アダルトチルドレンが抱えているものの原因には、自身に根付いた思考の偏りがほとんどであることが分かります。このような際は、ゆっくりと偏りを変化させていくことが大切です。

自分と向き合い、自分とは違う思考にも耳を傾けつつ、自分に合わせた対処法を考えていくことが必要になるようです。上記の原因となる事象を全く作らない家庭にすることはほとんど不可能です。そのため、家族が互を思いやることがカギになります。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ