アダルトチルドレンの連鎖は時間をおくだけでは解決できない 女性 37歳 K.T.さん

私のアダルトチルドレンは、祖父母の家庭環境からも大きく影響を受けています。祖父母たちは、厳しい時代を生き抜くために、自分自身を振り返る時間もないままでした。

しかし、祖父母は完全にアダルトチルドレンにであり、その連鎖は、私の父親、私へと引き継がれています。

母親のいなかった祖父と父親のいなかった祖母

私の祖父の母親は、出産時に亡くなりました。祖父はまだ、3歳だったそうです。祖父の父親は、妻がなくなった後は、女性の家に入り浸り育児放棄していたようです。そんな祖父は、兄弟で支えあい生きてきました。

また祖母は、父親を1歳の時に脳梗塞で突然失いました。祖母は、自分の母親を支えたいと懸命に働いたそうですが「女じゃだめだ」が口癖で、一度も祖母を認めてくれなかったそうです。

父親への連鎖

恵まれない家庭環境で育ってきた祖父母の家に産まれた父親も、非常に過酷に育てられてきたようです。父親は、三人兄弟の長男でした。父親だけ民間企業に就職し、あとの二人は公務員になりました。

すると、父親が残業で遅くなると「だから民間はだめなんだ」「長男のくせに一番つまらない仕事についた」などと、文句ばかり言われているのを聞きました。父親は黙っていましたが、悔しかっただろうと思います。

しかし、その悔しさは自分の中で治まらず、娘の私にも影響を与えます。

父親からの冷たい言葉

父親は、家の跡継ぎに男の子が生まれる事を望んでいました。しかし本当は、父親の希望ではなく祖母からの呪縛によるものだと思います。でも、呪縛にかかってしまった父親は、私が女だったという理由だけで、くだらないといって出産後は病院にもこなかったそうです。

子育ても所詮は女だから跡取りにならないからという理由で、時間をかけても勿体ないと育児は全く関わらなかったそうです。

父親から「価値のない子供」とされていました。価値のない子供だから自分の気持ちを伝えてはならない、価値のない子供だからしゃべってはいけなぃと誰に言われた訳ではないですが、自然と身に付いていきました。

カウンセリングを受けてみる

私は、自分自身の子育てがはじまってみると、子供と接するのが辛くて仕方ないのです。自分の気持ちを表現する赤ちゃんが怖くさえ思えてきました。

今はカウンセリングで、一つ一つの疑問や不安をカウンセラーに尋ねることで、アドバイスをもらい、実践することで自分の片寄った考え方に片寄りすぎないようにしています。

しかし、自分自身の回復までは手が回りません。でも、子育ての中で自分も癒されて、少しは回復していると思います。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ