アダルトチルドレンと薬物依存症の関係は?問題点や解決方法を紹介!

アダルトチルドレンの人々は、親との確執や家庭不和を抱えています。特に何かに依存している親を持つ子どもは、アダルトチルドレンとなってしまう可能性が非常に高いです。

依存症には様々な種類がありますが、特に抜けるのが難しい依存症の1つに、薬物依存症があります。また、薬物依存症にはメリットがない上に様々なデメリットがあり、まさに百害あって一利なしとも言えます。

しかし、薬物依存症に溺れてしまい、苦悩している人が多々いるのは事実です。薬物依存症を抱える人々も、進んで薬物依存症になりたいわけではなく、何かしらの問題が生じて、薬物依存症になってしまっているのです。

そこでこちらの記事では、薬物依存症の人々が抱える問題や、解決法について言及していきます。

どうして薬物依存症になってしまうの?薬物依存症が抱える問題!

この項では、なぜ薬物依存症になってしまうのか、また、薬物依存症の人々が抱える問題について解説します。

どうして薬物依存症になってしまうの?

人が薬物に手を出してしまう理由として挙げられるものに、「人生を変えたい」という思いがあります。

「少しでも周りとうまくやっていきたい」という思いや、「今抱えている問題から逃げ出したい」という気持ち、「退屈な時間から逃れたい」というものや、若者の中には「今よりもっと大人になりたい」という気持ちを抱えている人もいます。

薬物依存症の人々が抱える問題とは?

薬物依存症の人々に見られる問題として第一に挙げられるのが、「想像力の欠如」です。薬物は一時的に快感を与えてくれますが、薬物の効果が切れたときには、薬物を使う前以上の憂鬱感や落ち込みを感じるようになります。

薬物依存症の「想像力の欠如」が与える弊害は?2つを解説!

この項では、薬物依存症の人が抱える問題である「想像力の欠如」が与える弊害について解説します。

「想像力の欠如」が見られると、他人に当たってしまう!

「想像力」が欠如すると、周囲の気持ちを考えることができなくなってしまいます。その結果、他人に当たってしまったり、ひどい場合には抱える感情からどうにか逃れたくて、暴力を振るってしまったりするケースもあります。

仕事に影響が出るケースも!

「想像力」が欠如すると他人のことが考えられなくなるのは前述した通りです。他人のことが考えられなくなるというのはつまり、他人と円滑なコミュニケーションをとれなくなるということでもあります。

他人と円滑なコミュニケーションがとれなくなると、仕事の連携がうまく行かないこともあり、仕事にも影響が出る場合があります。そうなるとさらに憂鬱感や落ち込みを増長させる結果となってしまい、悪循環に陥ってしまいます。

薬物依存症はなぜアダルトチルドレンを作るの?理由を2つ紹介!

この項では、なぜ薬物依存症の親を持つと子どもがアダルトチルドレンに育つのかという疑問について答えます。

薬物依存症は知らないうちに子どもを傷つける!

薬物依存症になると、幻覚や幻聴に惑わされることがあります。その幻覚や幻聴によって、知らない間に子どもを傷つけていることがあります。その傷が大人になっても癒えない場合、傷つけられた子どもはアダルトチルドレンになってしまう可能性が高いです。

薬物依存症は家計を苦しくすることで、必要な教育を受けられない!

薬物を手に入れるためには、膨大なお金が必要になります。薬物を手に入れる費用が家計を苦しくしてしまうということも、決して少なくはありません。そしてお金がないと、子どもに適切な教育を受けさせられなかったり、幼少期に必要なことを体験させてあげることができなくなったりしてしまいます。

そのような体験が積み重なることで子どもは傷つき、その傷を放置したまま大人になってしまうと、アダルトチルドレンになりやすくなってしまいます。

薬物依存症に育てられたアダルトチルドレンも薬物依存症になる?その理由を解説!

この項では、薬物依存症の親に育てられたアダルトチルドレンも薬物依存症になってしまう可能性について解説します。

どうしてアダルトチルドレンは薬物依存症になってしまうの?

アダルトチルドレンは、薬物依存症になってしまう可能性がほかの人よりも高いです。そもそも薬物に限らず、アダルトチルドレンは何かに依存してしまう傾向が高いです。本来親に与えられるはずの愛情を適切に与えられないと、それ以外に愛情を求めてしまうためです。

親の背中を見て育つことも原因の1つ!

子どもは親の背中を見て育つとはよく言われるものです。薬物依存症になってしまった親を見た子どもは、親がしていることに倣い、薬物依存に陥ってしまう可能性がほかよりも高い可能性があります。

薬物依存症から抜け出すための方法はどんなものがある?3つを紹介!

薬物から、できる限り早く抜け出すことが最良であることは言うまでもありません。そこで、薬物依存症から抜け出すための方法を3つ紹介します。

    <薬物依存症から抜け出す方法>

  • 薬物を近くに置かない
  • 薬物を服用する量を減らす
  • 言い訳をしないようにする

薬物から抜け出すには、まず距離を置くことが大切です。そのために、薬物をあまり持たないようにしたり、服用する量を減らしたりすることはとても有効です。また、「◯◯だから薬を服用しなければならない」という、知らぬ間に築かれた自分ルールを適用しないように自分を戒めることも、薬物依存症から抜け出すためには重要なことです。

薬物依存症とアダルトチルドレンの関係は?早く断ち切ることが大切!

薬物依存症とアダルトチルドレンの関係について、問題点や解決方法を解説しました。

人は自分の弱さを目の当たりにしたときに、薬物に手を出してしまいがちです。そして、そんな薬物依存症の親に育てられた子どもは、幻聴や幻覚によって傷つけられたり、適切な愛情や幼少期に必要な体験をすることができずにいたりすることから、「幼い頃」から抜け出せず、アダルトチルドレンになりやすい傾向にあります。

さらに、そんなアダルトチルドレンたちは、もともと依存性する性質にある上に、薬物依存症に陥っている親の背中を見ていることから、薬物依存症になりやすくなります。そんな「負のループ」ができあがってしまうというわけです。

それを防ぐためには、まず親が薬物依存症から抜け出すことが大切です。「薬物から距離を置く」「薬物を使う言い訳をしない」ということを胸に刻むことで、薬物依存症から抜け出せる可能性が非常に高いです。

「負のループ」をできる限り早く断ち切るため、また、子どもに適切な愛情を注ぐことができるようになるためにも、薬物依存症は早く改善するべきであると言えます。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ