アダルトチルドレンの自己否定は正当?いや、あなたはきっと頑張ってきた

「アダルトチルドレン」とは、成長過程で親からの愛情不足や愛情の与えられ方に問題がある等家庭環境に問題を抱えたまま育った人が、大人になっても「なんだか生きにくさ」を感じたまま生きていかざるを得ない人のことを指しています。

そして、それが何かのきっかけで自己否定につながり、精神的な病を発してしますようなことにもつながりかねません。では、そのような毎日を送っている場合どうすればいいのでしょうか。

自分のことをよく観察してみる

アダルトチルドレンと呼ばれる人々は、何とか頑張っていききたけつもりだけど満たされないものを抱えて生きにくさを感じている場合等、ついつい自分を責めてしまいかねません。

これは自分を過小評価する傾向がある人の場合に特に顕著な現象ですが、自分を客観視して観察してみることで、生きにくさの原因が正当なものなのか、あるいは自己の思い込み等によるものなのか考えてみる必要があります

それに気づくだけでも随分と気が楽になる場合もありますし、大きな一歩です。

自分を肯定して受け入れてみる

アダルトチルドレンと呼ばれる人々の抱える「生きにくさ」は自分を肯定できないことからきていると述べましたが、今の自分や今までの自分について「それなりによくやってきた。」と肯定して、受け入れる努力が必要です。

無条件に自分のことを受け入れてもらった経験の少なさがアダルトチルドレンの原因のひとつとも言われています。難しいとは思いますが、とにかく自分のことを肯定して受け入れる努力をしてみましょう。

そして、その際には今の自分に繋がる過去についても、許すことはなななかできないかもしれませんが、穏やかに認めていきましょう、過去はどう変えようもないものですから。

あわてず、あせらず、ゆっくり

アダルトチルドレンと呼ばれる人々は、長い間かかって蓄積されたものが原因で今にいたっているといってもいいです。だから、それに気づいて努力してみても、そうそうすぐに劇的に改善するとはかぎりません。

すぐに変わったものは、すぐに元に戻ってしまうケースも多いです。そうではなくて、「あわてず、あせらず、ゆっくり」と自分に向き合っていけばいいです

そうやって、前進や後退を繰り返しながら少しでも前に進めればいいのです。そして、そういった努力をしつづけること自体が、後ろを振り返った時に自分を肯定できる助けにもなるはずです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ