もしかして応適障害かも!? 適応障害から発生する様々な症状

適応障害とは、ある特定の状況や環境にストレスを感じることによって精神的なダメージを受けて、そのことにより不調な症状が現れることをいいます。

その状況や環境に適応しようとしても適応することができず、不調な症状ばかりが深刻になり辛い状態です。適応障害になるとどのような症状が現れるのでしょうか。

無気力や絶望感、不安感などの抑うつ気分!精神的な症状

何等かの状況に適応することができなくてストレスにさらされ続けると、何もやる気がしなくなる無気力になったり、気分がひどく落ち込み絶望感を感じたり、今後に対する不安感もつのります。

その抑うつ状態が深刻で頻繁な場合には、適応障害の可能性が高いです。適応障害と診断される基準は、その抑うつ状態の原因が明らかに環境に対して適応できないことが原因であるかどうかです。

適応できないために生じる気持ちの落ち込みであれば、その環境から離れれば症状は改善することができるでしょう。もし、その環境から離れても症状は改善されずに気持ちの落ち込みが続くようであれば、それは「適応障害」ではなく「うつ病」などの他の精神疾患と診断されます。

睡眠障害や頭痛、腹痛、疲労感!身体に起こる症状

ある特定の状況や環境がストレスとなり精神的に辛い状態が続くと、体調にも変化をもたらします。子供が学校になじむことができずに登校したくない時に、お腹が痛くなる症状がでるのも適応障害によるものかもしれません。

身体に起こる症状としては、睡眠障害や頭痛、疲労感、動悸、腹痛、胃の痛み、肩こり、けいれんなど様々な症状があります。このような身体的な不調が現れると、内科で治療を受けることが多いですが、原因が適応障害にあれば根本的な治療は内科ではできないでしょう。

精神的なストレスからくる身体的な不調なのかどうかを見定める必要があります。

不登校や引きこもり、依存症など!行動の変化

適応障害によりストレスが溜まると、行動にも変化が現れる場合があります。

人間関係に恐怖を感じて学校へ行けなくなる不登校や、部屋から外へ出れなく引きこもりになるケースも見られます。今の辛い現状を忘れようとアルコールやギャンブルに夢中になり現実逃避する依存症になることもあります。

他にも、感情の起伏が激しくなって、急に泣き叫んだり暴れたりする人もいます。精神的ストレスからイライラして攻撃的になり、口が悪くなったり喧嘩っ早くなる人もいます。

適応障害によりストレスが大きくなればなるほど、そのストレスのはけ口として行動の変化は大きくなってくるでしょう。

まとめ

このように適応障害になると、精神的な症状や身体的な症状、行動の変化など様々な症状が現れるのです。

適応障害になる原因の根本には、過度なストレスがあります。自分の限界を乗りこえる為に無理して努力をすることも大切ですが、我慢のし過ぎは精神的にも身体的にも体の不調をきたします。

自分の心や身体の変化などに注意を払い、リラックス方法を取り入れたり、時にはストレスとなる原因を避けることも必要なのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ