毒親の引き起こす問題は?子供を不幸にし、連鎖します

毒親というあまり聞きなれない言葉がありますが、これはスーザンフォワードという方が書いた「毒になる親」とい本のタイトルから来ていいます。この毒親に育てられた子供の特徴は必要以上に親との関係性が強くなり、お互いの依存度が深くなる傾向にあります。

また毒親になる人の特徴にもいくつかの傾向があり、それは自分では中々気付きにくく、しかし子供にとっては厄介なものであったりするのです。毒親にならない為にも毒親に育てられていたと気付く為にもその特徴をしっかりと認識する事は重要な事なのです。

毒親とは?子供を虐待します

毒親とは、そもそもどのような親の事を指すのでしょうか?毒親の存在を知ることは自分自身が親になる時にも、逆に子供の立場からも理解をしておくことは大事な事です。

毒親とは?

毒親とは簡単に整理すると自分の子供に対して肉体的、精神的、性的などの虐待を与えたり、子供に対して親である義務を放棄してしまう事で子供の心に大きな傷を負わせてしまう親の総称を示します。

毒親の特徴は?自分が最優先

毒親の特徴はまるで同一人物のように同じような傾向や特徴があります。

偉そうに親面をアピール

この毒親は肉体的には大人になって結婚した為、子供を物理的に産んでしまっただけという不幸な結果からなっています。子供には自分たちが産んだのだからと偉そうな態度が出来ると勘違いしている所に大きな間違いが発生してしまいます。その為子供に対して育ててやっているという態度が明らかに出て子供がいざ自立しようとすると妨害する行動にでるという厄介な状態になるのです。

子育て能力なし

毒親にとっての子供とはあくまでも私物化される傾向にあり、自分にとって利用価値のあるもので無くてはなりません。そして子供が独断で好きなことをするように自立した瞬間利用価値の無いゴミと同じ扱いになってしまうのです。

毒親が最優先

毒親にとっては子供とは私物と同じで何をするにも自分の勝手であると思い込んでいます。更に厄介なのが、子供は毒親に対してやってはいけないことは無数に決まっていて、それは毒親が最優先になっているかどうかで決まっているのです。この場合毒親の利益に貢献するのであれば子供に法律違反や犯罪行為さえもやらせてしまうので困ったものなのです。

子供に対する嫉妬

毒親の子供に対する嫉妬も共通している特徴となります。その背景として毒親は子供より幸福で美しいものであるという概念が強く、それが逆転して子供が優位に立つという事が許されないのです。ストレスを防ぐ為にはどんな手段をとってでも防御するという特徴があるのです。

犯罪自慢が多い

犯罪自慢が多いのも毒親の特徴です。法律などは最初から守る気なども無く、バレなければ犯罪を行なっても良いという考えで一般常識からははずれています。その上子供にまでそのような概念を植え付けてしまうので毒親の子供に犯罪者が多くなってしまう傾向があるのです。

いつまでも大人になれなく自覚が無い

幾つになっても本能的に反応するだけで大人になる事ができないという傾向もあります。大人になれないので小さな子供と同じで自分の感情や衝動を制御する事ができず、またその方法などもわからないといケースが多いのです。そして人の問いかけなどに対しても大人のように考えて反応する事ができ無く、その時の気分で衝動的に反応してしまい行動に対する自覚が無いのです。

特定のターゲットを作る

毒親は自分のストレス解消の矛先として特定のターゲットにその刃が向く事も多くあります。その時には一人でやらず周りを取り巻きとして味方につける事が多いので非常に厄介な状況となる事が多いのです。そしてターゲットがやられる事を喜びに変えるという虐待に陥ってしまうのです。

子供にプライバシーは無い

自分自身で犯罪や悪事を働いた時は自分自身のプライバシーに対しては過敏に反応するのに子供のプライバシーや自由に対しては守るどころでは無く人権さえも無視した対応を行う傾向があり、個人の秘密の領域である部分にも土足で上がってくる所があります。

その他、屁理屈だったり、支離滅裂しているなどの特徴が見られまさしく名前のとおり毒が数々あるのが特徴となるのです。

精神科医から見た毒親になる特徴は?大きく4つです

精神科医などがまとめた結果によると毒親になってしまう特徴についても、だんだんとですがわかってきています。

毒親になる特徴は?

毒親になってしまう特徴は、大きくは次の4つと考えられています。

  • 生活していく事や子育てに対して不安を強く持っている母親
  • 自分自身の心身に病気など患いを持っていて心に余裕の無い母親
  • 母親自身が成長していない為に心理的充足が足りなく飢えているような場合
  • 父親が不在がちだったり、離婚で父親の存在感が不足している家庭のような場合

毒親に育てられた子供は?偏った考え方になる傾向があります

毒親に育てられた子供にはその考え方などに多くの特徴が見られ偏った考え方になる傾向があります。

親が全てである

毒親に育てられた子供に見られる偏った考え方には、いくつかの特徴が見られ親にとって自分自身が人生の全てだと思い込む傾向があり、自分の行動が親の感情を左右すると思い込んでいる傾向があります。そして親は私無しに、自分は親無しでは生きていけないという思いが強くなっていきます。

親の気持ちが最優先

親との関係は非常に従属的になり、自分が親に楯突いたり、傷つけたりしたら縁を切られるという思いが強くなり、親の気持ちを優先することが自分の気持ちより重要となってしまうのです。

親への敬意が強くなる

そして親に対しては、親がたとえどんな事をしたとしても敬意を払わなくてはならないという思いが強くなりながらも自分は親にはコントロールされているわけでは無いという感情に支配されていく事があるのです。

自分は大丈夫か?確認する方法はあります

毒親に育てられた子供は、やはり毒親になってしまう確率は高くなります。とは言って自分が毒親であるかどうかの自覚は、基本はありません。精神的には比較的健全な家庭に育った人でも毒親になる可能性がありますので十分注意は必要なのです。

毒親チェックリストの種類は?

毒親チェックリストは大きく分けると二つの種類のリストがあります。

  • 自分が毒親かどうかをチェックするリスト
  • 自分の親が毒親なのかどうかをチェックするリスト

毒親かどうか確認するには?

自分が毒親かどうか確認する方法としていくつかありますが、簡単なのはネットや本などに掲載されている毒親チェックリストで自分自身を分析してみる事です。一番有名なのはダンニューハースの不幸にする親に載っている65項目のチェックリストです。

チェックリストの内容は?

そのチェックリストにある問いかけは「あなたが子供の時」「過去を振り返ってみるとあなたの親は」「あなたの親は彼ら自身」「あなたは大人になってからよく、次のように感じることがある」「更に大人になってからのあなたは」「あなたは大人になってから親の事で次のように感じることがある」といった内容になっています。

チェックの結果から言える事

チェックの結果から言える事は、この中で22項目以上がイエスとなるようだとコントロールばかりする親、いわゆる毒親に育てられた可能性が高くなるという事です。ただしこれは自分自身の人間としての欠陥を示すものでは無く、過去に育った家庭環境が人生に大きく影響している可能性があるということです。

まとめ

スーザンフォワードの著書から有名になった毒親という言葉ですが、その存在は昔から変わらずあり、その家庭環境で育てられた子供たちは自分の人生にも大きく影響を受けてしまうという非常に不幸な状況となっています。

この毒親の存在を少しでも少なくしていくことは非常に大事な事で社会的にもその活動を推進していく必要があります。その上で自分たちでもその状況に気付き改善していかなければなりません。

成人して大人になっている自分には毒親になる可能性があるか無いかは自分では中々わかりにくいものなのでチェクリストなどで自分の立ち位置をはっきり認識しておく事が子供を持つ親としての第1の務めかも知れません。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ