アダルトチルドレンが癒されるには?インナーチャイルドが鍵に!

幼少期に機能不全家庭による心への傷を受けて、成人してからも生き辛さに悩まされ続けるアダルトチルドレン。その傷を癒して自分らしい人生を歩んでいくにはどのようにしたらよいのでしょうか。

原因となっているのが幼少期であるため、今の苦しみに向かい合うだけでは対処療法であり根本的な解決にはなりにくいのがアダルトチルドレンの難しいところ。ここでポイントとなるのが、インナーチャイルドという概念です。

インナーチャイルドとは何か?そして、アダルトチルドレンが癒されるためにはどうしたらよいか詳しく説明していきます。

アダルトチルドレンの癒し!幼少期にさかのぼる

アダルトチルドレンが癒されるためには現在よりも過去に傷ついた自分に焦点を当てることが必要です。どのような視点で過去を見ていくと良いのでしょうか。

アダルトチルドレンの原因は過去

アダルトチルドレンとなってしまう原因は現在ではありません。幼少期のどこかで心が傷を負ってしまったことに原因があるのです。三つ子の魂百までといいますが、幼少期の体験は人生の基盤となりますので、そこで傷を負ってしまうことは人生全部に影響を与えてしまうことであると自覚することがまずは大切です。

癒すべき対象も過去

こうして考えていくと、アダルトチルドレンにおいては癒すべき対象も現在ではなく過去であるとわかります。アダルトチルドレンの患部は見えにくいです。過去に血を流したところは既にかさぶたで見えにくくなってしまっているのです。

自分がどこで傷ついたのか、それを明らかにして向かい合っていくことで苦しみの中から光明を見出し進んでいくきっかけを見つけることになります。

インナーチャイルドとは!満たされなかった子ども

機能不全家庭で育ったことで満たされなかった子ども時代を象徴するインナーチャイルドについて説明します。

インナーチャイルドとは?

インナーチャイルドは「内なる自分」とも呼ばれ、アダルトチルドレンの内面の以下のような部分を持ちます。

    <インナーチャイルドが示す内なる自分>

  • 本来の自分
  • 傷ついた自分
  • 愛されたかった自分

大人になってからは社会生活の中で本音と建て前を使い分けることになりますが、幼少期に全面的に自分の存在が認められる経験をすることで健全なインナーチャイルドを内面に持つことになり、大人になってからも社会の中でぼろぼろに傷ついた時に最終的に自分を癒してくれる拠り所となるのです。

そのため、インナーチャイルドが傷ついていると生きることが非常に大変になります。

インナーチャイルドが傷つく原因

インナーチャイルドは重大な事件などでなく、ささいなことで傷つきます。この「ささいなことで」ということがポイントで、どんなに小さなことでも原因となるのですね。

例えば家庭以外でも学校で先生に嫌なことを言われたことや友達に不満をぶつけられたなど、他の人にはどうでもよいと感じられることがきっかけとなっていることもあります。

家庭環境の影響が大きい

全ての状況がインナーチャイルドを傷つける原因となる可能性がありますが、やはり多くは家庭環境が原因です。全てを受け入れてもらえる経験は家庭でしかできないので、そこが崩れてしまうと大きなダメージを負うのですね。

インナーチャイルドを癒すには?まずは向き合う

傷ついたインナーチャイルドを癒すためにはどのようにしたらよいのでしょうか。傷ついた自分をまずはそのまま認めることから始めましょう。

インナーチャイルドが傷ついた原因は?

インナーチャイルドを癒すためには、その原因を認めることが大切です。これは自分の傷をえぐることになるのでとても辛いです。しかし、目をそらさずに見つめることでしか先に進むことはできません。

全ての傷つきを認める

自分なりに原因と思う出来事が見つかったら、その時の自分をそのまま肯定してください。「自分があの時こんなことをしたから」「親も考えがあって」などと考える必要はありません。その時に傷ついたこと、嫌なことをされたことをまるごと認めることがスタートになります。

インナーチャイルドが癒される過程!自分でもできる

傷ついたインナーチャイルドを癒していくためには、専門のセラピーなどを受ける方法以外にも自分で癒していく方法があります。他の人と相談することもなく自分で少しずつ取り組むことができるので、時間のある時で構いませんので少しずつ取り組みましょう。

自分でインナーチャイルドと向き合う

インナーチャイルドと向き合う方法としてイメージを使うのがおすすめです。
傷ついた当時の感情やその時の自分の姿形などを思い浮かべ、大人である現在の自分がじっくりとその話を聞いて、苦しかった思いをそのままを認めることをイメージしてください。

その過程でその時の感情を否認しないことがポイントです。そのまま認めることは苦しみが伴いますが、当時の自分は悪くなかったこと、そして傷ついたことを認めてあげてください。

時には怒りがこみ上げてくると思います。その時にはそれを声に出したりノートに書いたりして発散してください。自分が溜め込んで、無かったことにしてきた感情を少しずつ感じ、出していくことが大事です。

そのままを認めてあげる

ここで何よりも大切なのが、そのままを認めてあげることです。当時は子どもだから自分よりも相手を優先して苦しんだかもしれません。今、それを大人になった自分が認めてあげることで、苦しんだ自分を温かく包み込むことができるのですね。

セラピーも効果的!エリクソン催眠とは?

自分で癒す方法以外にセラピーを受けることも選択肢としてあります。一例として、エリクソン催眠を使ったセラピーを紹介します。

エリクソン催眠は、20世紀最大の臨床家と言われたエリクソンが使っていた催眠治療で、相手のちょっとした動作を使って気づかないうちに催眠状態に誘導する方法です。その催眠状態でインナーチャイルドと出会い、癒していく過程を経ることで、自分で行うよりも効果的にインナーチャイルドを癒せる可能性があります。

まとめ

アダルトチルドレンが癒されるためには、インナーチャイルドとの向き合い方が重要なことがわかりました。インナーチャイルドはささいやことで傷ついていることを理解し、何に傷ついたのかを考えることがスタート。原因がわかったらそのまま当時の感情や苦しみを認めてあげてください。

インナーチャイルドを癒す過程は、自分の内面や幼少期の経験と向き合うことですので大きな苦しみが伴います。しかし、必ず癒される瞬間がきますのでゆっくりと歩んでいきましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ