【アダルトチルドレンに育った私】親離れ→和解→違和感

30代に差し掛かった頃、一人暮らしを始めました。実家からさほど遠くもない町に引っ越しました。

この頃には、両親からの呪縛が少しづつ解け、教師としても安定し、仕事が楽しく仲間と外へ出かけるようになりました。実家にいる間は私が楽しく出かける様を見て、母が小言を言うようになったのです。

家の手伝いは勿論していました。母が忙しい時は自分の用事や仕事を休んで家庭第一で過ごしてきましたが、私が外に出るための支度をし始めると決まって母が背後で自分勝手、不良娘とヤジるのです。

家にいるのが辛かった

今思うと、気が合わない祖母と父と一日中過ごすのが辛かったのでしょう。しかし、健全な30代の女性が、結婚もせず、誰とも交流せず自宅にいる方が不健全です。そう友人たちに即され、家を出るときには後ろ髪引かれながらも出かけたものでした。

そんな中、父が倒れ入院しました。母は尚更「用事がなければ家にいろ」と言うようになりました。しかし、父を見舞い、仕事に出かけ、自分の用事を済ませて帰宅する私に、母のイライラが触れ、ある夜大きな喧嘩になりました。

母はとにかくパニックになり、私を裏切り者扱いしました。ついには私を「ただメシ食いの役立たず」と言うので、では家を出ましょう、と言うことになりました。

家を出ることを決めて

間も無く父が退院をしたきっかけで、部屋を探し始めました。父の反対はありませんでした。

その頃には父も、私と母の確執に疲れていたのかも知れません。しかし、引っ越し三日前、突然出先から呼ばれ帰宅すると、いきなり両親から引っ越しには納得がいかない、と言われました。

酷く怖い形相の母と疲れ切った父がいました。散々口論の挙句、「どうしても出て行くならここに膝をついて、土下座して私に謝って」と言うのです。

何について謝るべきなのかわかりませんでした。最初は抵抗しました。

父に頼まれて母に土下座して

しかし、父から頼まれ渋々土下座をして「ごめんなさい」と謝りました。顔を上げ目の前の母の顔を見てゾッとしました。

私の有様に、さも鬼の首を取ったような優越感を含んだ笑みを浮かべていたのです。私はある種の恐ろしさから「もうここにはいられない」と感じました。同時に両親からの期待や呪縛から解かれた瞬間でもありました。それから8年家族と離れて暮らしました。

その間、母は私の一人暮らしに関心を寄せてきましたが、極力接触を避けました。母にとってあの土下座は、私を育てる上で感じた面倒や苦労、何もかも水に流した気持ちだったようです。

「これからは互いに笑顔で仲良くやっていきましょう」などというメールも何度ももらいました。しかし、私は土下座をした立場。

そして、私にもいびつな家庭で育ち、成長の経過に不振があります。普通に暮らしていればもっと幸せになる方法を得たであろうという後悔も。「仲良くなんてできないよ。」という違和感が私の心に残っていました。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

One Response to “【アダルトチルドレンに育った私】親離れ→和解→違和感”

  1. mimi より:

    こんにちは。自分も結構疲れてます。シンママで、アパートを借りていたのですが、子供が進学したいとの意向で、学費の捻出がままならないとの理由から、親を頼ってしまいました。
    増税増税で、手取りも減り、残業代やボーナスもカットされる中、下手をすると家賃も出せないレベルまで手取りが減っています。そんな中、自分も少々甘かったと思っているのですが、目標金額の授業料が賄えない事態になり、親が何でだと詰め寄ってきました。一応、親からお金を借りる形でなんとかしましたが、父が自分が母の事を守銭奴だのと言っていたと母に言ったとの事。どこの世界にそんな事を言う子がいるのか?と思いましたが、母もその言葉鵜呑みにしており、父はまるで勝ったと言わんばかりの状態。そこで思い出しました。小中高を通して、姉が一人居るのですが、自分以外の人間は、自分を敵にする事でまとまっていた家族だったんだと。姉に両親が自分は暴力団の嫁になるとか詐欺師になるとか犯罪者の道を歩むとか言っていたと爆笑されながら言われた事も一挙に思い出した感じです。
    しばらくは、我慢ですが、Wワークでも見つけて早々にここの家族という他人から逃げる算段をと思っています。
    子供も、なんとなくそんな空気を嗅ぎ付けているのだと思うのですが、同居の他人親とはあまり話しをしません。とにかく、今は子供の学校のため、そして早く、他人親への返済のためにがんばって、仕事に勤しもうと思っています。バイトを探さなくちゃ。Wワークの条件も厳しくなっているみたいなので難航してますが、とにかく手取りを増やすためにもいいバイトを探して何とかしようと思っています。最低でも4年。そこを目途に何とかなりますようにと神頼みもしている状態です。アダルトチルドレンかどうかは知りませんが、いい意味で他人を諦められるようになったのは、この人たちのおかげかも知れないと思っています。いい勉強というか精神修養をさせて戴いてます。が、今後は関わりにならない様に、連絡も取らず、天涯孤独と子供にも言い聞かせないと。何かの拍子で又自尊心やら、人間としての尊厳を傷つけるとも限らない位人間が卑しい人たちなので。そして、その中で、子供も落ちていかないとも限らないので。そういう恐怖を感じてる今日この頃です。

mimi にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ