なぜ自己否定に陥るの?親の期待に添えない自分を責めるから!

アダルトチルドレンは自己否定の気持ちが強い傾向にあります。自分が価値がある人間かどうかというのは、幼少期からの親との関係から子供は理解します。

子供は生まれてきた時は自分の価値について何のイメージも持たずに生まれてきます。そして親の自分への評価によって自分の価値を理解していくのです。

自己否定を持つようになる原因

アダルトチルドレンの親は、自分の期待に添えない子供に対して否定的な態度をとります。

子供にとって親というのは、特別な存在で自分の思い入れが深い人物なので、親から否定的な態度をとられると、自分は親の期待に添うことができない、価値のない人間だと理解します

ありのままの自分では受け入れられない、自分に存在価値を見いだせないことから、子供の中に自信が育たずに自己否定が強い大人へと成長していきます。自己否定が強いため、周囲から自分がどう評価されているのかばかり心配して、心がいつも満たされない状態であります。

自分と他人の境界線をはっきりする

まずは、親の期待に添えなかったからといって、自分に価値は揺らぐことがないという事に気がつきましょう。親には親の価値観があり、自分には自分の価値観があるのです。自分の価値観を親の価値観に合わせる必要などありません。

また親以外であっても、周囲には様々な価値観を持った人が存在します。その人達に完全に合わせることなどできないし、そんな必要もないことに気がつきましょう。

自己否定が強いと、自分に自信が持てずに、周囲から見られた自分を考えて役割を演じてしまうパターンから抜けられない人がいますが、それでは自己否定の気持ちが強まるばかりで、心が満たされることはありません。

自己否定の気持ちを変えていくには?

自分の気持ちを立ち止まって確認する習慣を身に付けていきましょう。自分が本当にやりたい事にチャレンジして、達成感を感じる経験を繰り返すことで、自分が本当に成長していくことが感じられます。

自分が成長することで、新しい世界も広がり、自分について抱いている自己否定のイメージを変えていくこともできるはずです。

自己否定の強い人は、周囲の人に対しても、認めることができずに否定的な気持ちを持ってしまいがちですが、自分を肯定できるようになることで、周囲の人も受け入れられるように変化していくことが感じられるはずです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ