アダルトチルドレンによる対人恐怖は、カウンセリングが助けになります!

アダルトチルドレンは、親によって幼いころから偏ったしつけをされたり、否定されたり過剰な支配のもとで自分というものがもてなくなり、わからないまま大人になってしまい人の目ばかりを気にするようになり社会不安をも生じさせてしまいます。

自信のなさからおこる対人恐怖について

アダルトチルドレンの人は過去の失敗や、ほめられて育ったことがないことから、自己決定がむずかしく自己評価よりも、いつも極端にひとからどうみられているか、良い人と思われたいという願望や、まわりの視線ばかりがきになり落ち着かなくなり結果対人恐怖症になってしまうケースがおおいです。

ちょっとした意見をもとめられる会議や、保護者会、地区の集まりの談話など話す場面で緊張が高まりすぎて、いつも自分をだせずにいて、そのことをさらに気にして人と会うことがどんどん苦痛になってしまうのです。

自信は、おさないころから周りに評価され、とくにいちばん近くにいる親という大人の意見は絶対で、家庭でちょっとしたことを褒められたり、みとめられるということで積み上げられ自己肯定感がもてるので、幼少期の環境というものはおとなになっても尾をひく部分です。

対人恐怖による日常生活の支障について

対人恐怖の症状があると、近所に住むひとにあうのも気をつかったり、洗濯ものを外に干したいのに誰かにみられているという過度の視線恐怖から、部屋干ししかできなかったり、ちょっとした買い物一つにしても、近くのスーパーでは誰に合うかわからないということが気になり集中して買い物できないので、隣町まで買い出しに走るなど、生活のひとつひとつに神経質になりますます緊張、不安がたかまり、睡眠の質もわるくなったりイライラしたりと体調にも変化がおきてしまい悪循環です。

普通のひとならささいなことととれる一言もあとから妙に気になりだし眠れなくなったりとだんだんうちにこもる性格にもつながります。

アダルトチルドレンの対人恐怖に有効なこと

精神科医でもさまざまな分野に得意な先生がいて、アダルトチルドレンにくわしい先生もインターネットなどで検索すると調べられます。

アダルトチルドレンの状況にくわしい先生に相談しつつ、自己肯定のひくくなっている状況を説明しながら、アドバイスをもらったりカウンセリングを受けるということは大変有効です。

薬の治療やさまざまな治療法もあるので、対人恐怖をすこしずつ克服できるためにも話をするということ、きいてもらって自己をみとめるという作業は必要不可欠で、日々の生活の負担を減らす意味でもプラスにはたらきます。

自分のからにこもる状態や考えのクセをそのままにするより、ひとからどう思われるという意識からはずれる考えをもてるためにはどう生きたらよいかなど専門家にアドバイスをもとめることは大変賢明です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ