ダメ男につかまる人はケアテイカー型のAC?自分よりも他人を優先!

ケアテイカー型の人は気の利く人、空気が読める人と言われ、社会の中でも相談役として頼りにされることが多いです。実際には「人の世話をしていること」で自分の存在意義を確認しているので、内面には人に言えない辛さを抱えている人が多いです。

ケアテイカー型の人の特徴や抱えやすい問題はどのようなものなのか?詳しく説明していきます。

ケアテイカー型の特徴は?気を配れる優しい人

ケアテイカー型の人の特徴として主に以下のようなものがあるとされています。こう見ると面倒見が良いと言われる人の多くが当てはまる気がしますが、ケアテイカー型のアダルトチルドレンと面倒見がよい人の間には大きな違いがあります。

それは、アダルトチルドレンの場合には「面倒を見ること」が自分の生きている意味を確認する手段となっているのです。

    <ケアテイカー型の特徴>

  • よく気がつく
  • 優しい
  • 面倒見がよい

困っている人がいると何より優先

困っている(ように見える)人がいると何よりも優先して相談に乗り、助けるために動きます。たとえ相手がそれほど助けを求めていなくて、自分で乗り越えていくことが望ましい状況だとしても先回りして動いてしまうのです。

自分のことより相手のことを優先

こうして、人のことを優先して生活し続けるために、自分のことは後回しにしてしまいます。人によっては、人の面倒をよく見ているけれども自分の生活は整っていないというような状況さえ生じるのです。

そこまでしなくても、という面も

人に世話を焼くことが自分の生活の中心に据えられてしまうため、他人からみてそこまでしなくても、と感じることまでしてしまうこともあります。

しかし、善意でしてくれていると感じることにやり過ぎだと指摘することは難しいので、指摘されることも少なくなかなか気づくことはできません。

ケアテイカー型になる原因は?親の病気や兄弟の誕生も原因に

ケアテイカー型になる原因は多様なものがあり、一般的には問題とみなされないような家庭環境でも、気づかないうちにアダルトチルドレンとしての特徴が備わることもあるのです。

親の病気

幼少期に親が大病を患っていた場合などに、親の看病を日々しているうちに自分の人生よりも看病が大切であると考えて、人の面倒を見ることを存在意義と認識してしまうことがあります。

兄弟の誕生

第一子の場合に多いですが、兄弟が誕生したことにより自分が面倒を見なくてはという自覚が生じて、それに対して親からも感謝されることで自分よりも人を優先する傾向が染みついてしまいます。

難病の兄弟がいる場合などはよりこの傾向が強まることがありますので、親はよく子どもの様子を見ることが大事になります。

依存症の人が家庭にいる

アルコールやギャンブルなど依存症の人が家族にいる場合には通常の関係を築けず、その人の行動を常に気にすることになり、ケアテイカー型の思考をしてしまうことがあります。

ケアテイカー型の人が抱える問題は?自分も相手もダメにしてしまう

人の面倒を見ることで自分の存在意義を確認するケアテイカー型。どのような問題を抱えてしまう危険性があるのでしょうか。

共依存に陥る

ケアテイカー型の人は、相手の面倒を見ることで自分の存在意義を確認しているため「あの人は私がいないとだめなのよ」と言って相手の自立を妨げて、共依存関係を作ってしまう危険性があります。

ここで注意する必要があるのは、本人はその自覚に乏しいことが多く、本心から相手に良かれと思って行動している場合がほとんどなのです。自分が他人の面倒を見ることに強い喜びを感じる傾向にある場合、それがケアテイカー型の思考ではないか確認してみるとよいでしょう。

抜け出すことが難しい

人を助けることで自分の存在意義を確認しているため、共依存状態を抜け出すことが非常に難しい状態になってしまいます。

ケアテイカー型は自分より他人優先?自分の人生を生きている感覚が薄い

ケアテイカー型の人は人生の中心点を常に他人において生きているため、自分の人生を生きている感覚が薄くなる傾向にあります。常に相手の気持ちを考えながら動いているため、自分の感情や自分の望むことがわからなくなり、生き方が定まらないように感じることがあるのですね。

これは、常に自分の足元が揺らいでいるような不安な気持ちになる原因となります。

ケアテイカー型の人が楽になるには?自分も人に頼っていい!

ケアテイカー型の人が自分を苦しめている特徴から解放されるためには、自分も他人を頼っていいし、自分の人生を生きていいことを少しずつ認識していくことです。

人のために尽くしてきた時間が長い分、自分の人生を取り戻していくには時間がかかりますが、初めは話せる分で構いませんので周囲の人に自分の気持ちを話しながら、少しずつ自分を楽にしてあげましょう。

まとめ

ケアテイカー型のアダルトチルドレンは、親の看病や兄弟の世話に追われたことなど、幼少期の経験から他人の面倒を見ることが自分の最優先事項になってしまい人に尽くし続けます。それは、自分の存在よりも他人を優先し続ける辛い行いであり、相手を依存的にしてしまう危険性もはらんでいます。ケアテイカー型のアダルトチルドレンが共依存状態から抜け出すには、自分も他人を頼っていいこと、そして自分自身の人生を生きていってよいことを実感することが必要です。

自分の人生を生きていいと思えた時、ケアテイカーは本来の優しさを生かして周りの人と協調しながらも自分の人生も大切にする生き方ができることでしょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ