アダルトチルドレンとしての人生を変えたい…!抜け出すには?

「自分はアダルトチルドレンかもしれない」と気づいていても、「だからといって、どうやったらこの苦しみから抜け出すことができるか解らない」という人もたくさんいるはずです。

アダルトチルドレンの人の多くは、10年・20年単位で悩んできているので、自分が抱える心の葛藤に気づいたとしても「今更、どうやったらこの苦しみから抜け出すことができるのか」という悩みの壁にぶつかってしまうことも少なくありません。

そんな方に、「認知行動療法」を提案します。アダルトチルドレンから回復するための方法はいくつかありますが、その中でも「認知行動療法」は非常に心強い味方になってくれる可能性がありますので、試してみる価値はあります。

きちんとした知識はクリニックで専門医の医師の指導を受ける必要がありますが、簡単に「どんなものなのか」を解説していきます。

アダルトチルドレンのあなたに知ってほしい!「認知行動療法」ってなに?

あなたには「考え方の癖」があるかもしれない

皆さんは「認知」という言葉をご存知ですか?「認知」というのは、簡単に言えば「物事の受け取り方」「どうものを見るか」ということを指します。

たとえば、あなたが目の前で悪口を言われたとしますよね。この時に「怒る」「悲しむ」などの感情がわいてくるはずです。これを「認知」と呼んでいます。つまり、「考え方の癖」のようなものだと考えてみるといいかもしれません。

アダルトチルドレンだと、この「認知」にゆがみやズレが出てくることがあります。たとえば、あなたが誰かを怒らせてしまったとしましょう。アダルトチルドレンの場合だと、この時に「相手を怒らせてしまった自分が100パーセント悪い」と考えてしまいがちですよね。

これが「考え方の癖」です。極端に物事をとらえてしまったり、自分だけが悪いと思い込んでしまったり…覚えはありませんか?認知行動療法では、この考え方の癖を少しずつ変えていきます。

上記の「あなたが誰かを怒らせてしまった」という例がありますよね。この時、すぐに「自分が悪いから相手を怒らせてしまったのだ」と考えてしまうのではなく、それまでにあったことを整理します。

「でも、自分だってこれまであの人の言うことに我慢してきた」「結果的に怒らせてしまったけれど、それには原因があった」など、必ずしも自分ばかりが悪い状況ではなかったことが浮かび上がってくるのです。「ああ、自分だけが悪いんじゃなかったんだ」と思えることで、あなたの気持ちはずいぶん変わるはずです。

アダルトチルドレンだからこそ試してほしい…認知行動療法で変わること

「柔軟さ」を考え方に取り入れるトレーニングです

アダルトチルドレンの人の考え方の癖として、「極端な思考」があります。もちろんすべての人が当てはまるわけではありませんが、1か0で物事を考えてしまう人がとても多いため、0と判断した時に自己否定に走りやすくなってしまいます。逆に1の時は、自分が正しいと思いすぎて相手ばかり責めてしまうため、人間関係で躓いてしまいがち。

「認知行動療法」ではそこに柔らかさが出るようにトレーニングしていきます。

  • 「相手も失敗したけど、自分だって失敗することあるじゃない」
  • 「自分も悪かったけど、考えてみたら相手にもこういわれたことがあるし、私が全部悪いわけじゃない」

など、1と0以外の考え方ができる思考回路を作っていくことで、心にかかるストレスを和らげることができます。それは、アダルトチルドレンが生きていく中での「自分を責めすぎる思考回路」を改善していくことにつながります。

薬とちがって再発を食い止められる可能性が高い

お薬を使って気持ちを和らげたり、楽にする方法もあります。アダルトチルドレンの人の中には、うつ病などの病気を抱えている人も少なくありませんので、そういう人が一刻も早く楽になるために薬を使うことは、悪いことではありません。薬をすすめるお医者さんも、そういった気持ちで処方をしようとするはずです。

しかし、薬だけに頼らないという気持ちもアダルトチルドレンの克服には大切。薬を処方されていたとしても、そればかりに頼るのではなく、少しずつ「認知行動療法」を意識して考え方を変えていくと、自分も楽になることができます。

薬ばかりに頼ってしまっていると、薬をやめてしまうことの不安がどうしても付きまといますが、認知行動療法を意識して考え方を変えていくことで、薬をやめたとしても再発の可能性を下げることも可能になります。

「認知行動療法」では考え方そのものを変えていきますので、薬を止めたとしても考え方を維持することができれば前向きさを得られるでしょう。そういう意味でも、一度試してみる価値はあるのではないでしょうか?

認知行動療法は万能か?実はデメリットもある

即効性はないので時間をかけての治療になります

認知行動療法は「アダルトチルドレンの考え方そのものを変えていく」という治療法になります。この両方で考え方を変えることができれば、アダルトチルドレンの生き方はぐんと前向きなものになるでしょう。ただし、「薬のように即効性があるものではない」ということがデメリットになります。

どんな薬を飲むかにもよりますが、どの薬であっても大体2週間から一か月程度の時間があれば少しずつ効果が見えてきます。中には即効性があるものもあり、このようなものであればなお早期に気分が楽になるでしょう。

しかし、認知行動療法の場合は「考え方を変えていく」という根本的な治療法なので、どうしても効果が出るまでに時間がかかってしまいます。そのぶん再発もしにくいですが、どうしても精神的に辛い場合は薬の手を借りながら実施していくなどの工夫が必要になりそうですね。

お金もかかる

認知行動療法をする上で、もうひとつ問題になるのが「お金」です。実は、認知行動療法は保険が効かないということが多いそうで、一回ごとに全額を自分で支払わなければならない可能性も。

一説によれば、医師が診察→認知行動療法まで指導をしてくれれば保険が効くそうですが、「診察はするけれど、認知行動療法の指導は心理士に任せている」という場合だと、保険が効かないことがあるようです。

このあたりはクリニックによって違う可能性もありますし、医療に対する国のサポートは日々変化していますので、どういった支払い方になるのかを事前に確認されておくといいでしょう。

保険がかからないと、3000円程度から8000円程度(クリニックによってまちまち)の金額を毎回払うことになるので、金銭的な負担は大きいです。

また、何度か通って指導を受けることを考えると、時間的な手間もあるために「金銭的なことと、時間がなくて行動療法を受けることができない」という人もいます。人によってはハードルが高い治療法かもしれません。

アダルトチルドレンに試してほしいけれど~認知行動療法は心の状態をみてやりましょう

自分でいろんなことを頑張らないといけない治療法です

認知行動療法は、本人が強い意志をもって「変わりたい」と思わないとできない治療方法です。

考え方の癖を治すということは、それまでの自分の「当たり前」を矯正する行為になりますので、当然のことながらものすごくパワーが必要な治療法になります。努力すれば効果は十分に期待できる治療法ですが、一歩で「精神状態が良くない人には不向きな治療法」ということも忘れてはいけません。

鬱病などの精神疾患を抱えていると、心と体が重くなり思うように動かなくなってしまうケースもあり、無理は禁物です。このような時に認知行動療法をやろうとしても、心と体が追い付かないことも考えられますので、時期をずらして行動するという判断も必要です。

心や体が不調なときに認知行動療法をやってもいい結果が出るとか限りませんし、「何とかしたい」という思いが強すぎて焦ってしまうこともあるかもしれません。疲れているときに無理して行動しないという判断も必要です。

アダルトチルドレンが自分を取り戻すために…!認知行動療法はまずクリニックへ

きちんとした療法を受けたいのであればクリニックへ

アダルトチルドレンだけでなく、パニック障害や不安障害など「心の不安定さ」に苦しむ人のために、認知行動療法を実施しているクリニックが増えてきました。

ストレスを和らげるためには、まず「自分がどんな思考回路で苦しんでいるのか」を知らなくてはなりません。クリニックでは、きちんとカウンセリングをしてその人の問題点を知ったうえで指導を行いますので、まずは受診されることをお勧めします。

ただ、自分で心がけることで変わることもあるはず。何かショックなことがあった時に、それまで通り受け止めてしまうのではなく「一度立ち止まって、何が悪いのかを考えてみる」という癖をつけてみてはいかがでしょうか?自分で意識することで、変えていけるものもあるかもしれません。もちろん、少しずつ一歩ずつやっていきましょう。

アダルトチルドレンの未来は変えられます!「認知行動療法」は試す価値ありです

自分が持っている素晴らしさに気づいて欲しい

今の自分が嫌いでも、そこから自分を変えるための努力をしていくことは本当に大変なことでしょう。今まで当たり前のようにしてきたことを、変えていくというのは心の強さも必要です。しかし、それでもアダルトチルドレンの方に言いたいです、「考え方を変えることで、本当に楽になるんだよ」と。

少し見方を変えるだけで、あなたには素晴らしいものがいくつもあるということに気づくはずです。気づいて、心の荷物を降ろしてほしい。だからこそ「見方を変えよう」とここでお伝えしたいのです。

認知は、知らず知らずのうちに良くないパターン化がされてしまっていることも多いです。そこを見直すだけで、今まで自分が知らなかった素晴らしい自分に出会うことができるはずです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ