適応障害を改善したい!どのように治療をすれば良いの?

適応障害はおかれている環境に適応できないことによって、様々な心身の症状が現れてストレス過多となっている状態のことを言います。

不眠、抑うつ、倦怠感などに悩まされることがあり、仕事面においては遅刻や欠勤が目立つなどが出てきてしまいます。

適応障害に対しては、どのように治療を行っていけば良いのでしょうか?

環境を調整する

適応障害はある環境に適応できないことがストレスとなって生じているので、環境の調整を行っていくことが大事になってきます。仕事面でストレスが多く適応障害になった場合には、しばらく休職して仕事から離れることを考えることが大事です。

育児のストレスで発症してしまった場合には、子どもを保育園に預けるなどして、離れる時間を作るようにします。ストレスを抱えている環境を調整することで、適応障害の症状が軽減することが期待できます。

症状に合わせて薬を内服する

適応障害により心身に不調をきたしている場合、その症状に合わせた薬を内服して、症状の治療を行っていくことが大事になります。不眠を抱えている場合には睡眠薬、抑うつ状態にある時には抗うつ薬や抗不安薬などが処方されます。

そういった症状を抱えたままで、環境を調整しても効果が出にくいこともあるので、薬を内服することで状態を良くして環境に適応しやすくしていくことが大事になります。

一人で抱え込まずに周りに話す

適応障害になる人は真面目でその環境下でも頑張ろうとしすぎてしまった結果として、適応障害を発症してしまうケースが少なくありません。

一人でしんどさを抱えこんで限界まで頑張りすぎてしまうところがあります。悩みを一人で抱えるのではなく、周りの人に話す、そして力を抜くことができるようになることが治療を行っていく上では大事です。

家族や友人に話を聞いて寄り添ってくれる人がいる場合には、大きな力になります。またカウンセリングを受けることも効果的です。カウンセラーの人は、それまでの心の持ち方のどこでストレスを抱えてしまったのか分析して、どうしていけば楽になれるのかということを一緒に考えてくれます。

そのように考え方を変えるきっかけにもなりますし、カウンセラーの人に気持ちを聞いてもらうことで楽になるという場合もあります。心理療法として積極的に活用していくことがおすすめです。

まとめ

適応障害になった場合には、適切な治療を受けることによって改善していくことができます。適応障害に効果が出るようにアプローチしていくことが大事です。上で紹介した3つのことを実践してくことを考えてみましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ