あなたの家庭も普通ではないかも!アダルトチルドレンだと気付いた私の体験談 女性 24歳 M.A.さん

私がアダルトチルドレンだと気付いたのはほんの一年前です。それまでは、少しの違和感はあったものの、自分は普通に育てられた子どもだと思っていました。

様々な面から私のことをまとめます。

苦痛だった、私の家庭環境

私の親はいわゆる毒親です。母親が特にそうでした。肉体的な暴力ではなく、精神的暴力がほとんどでした。小さな頃から、母親と違う意見を言うことが許されませんでした。

違う意見を持っていたとしても、母親の意見に賛同するまで説教を受けます。そして、説教のあとの何日間は母親から無視されます。そんな教育だったので、何か母親の気に入らないことをすれば数日間は無視される、という恐怖心から母親の意見には全て従うようになりました。

そして母親に褒められたいだけの気持ちで、成績上位を保ち学校活動にも積極的に参加していました。この他にも人格を否定するような言葉を常日頃からかけられ、私はだめな子どもなんだと小さい頃から思っていました。

苦しみの原因はこれだったのか!アダルトチルドレンだと気付いたきっかけ

常に母親の目を気にして生きていたので、社会人になってから気付いたことがありました。それは、怒られることに対して異常に抵抗があることです。

怒っている上司は私がミスをしたことに対してだけ怒っているのに、人格否定をされたような気持ちになりました。同僚たちにこのことを話すと、考え過ぎだよと言われました。

どうして私はこんな性格なんだろう、どうして世の中はこんなに生き辛いんだろうと思い、インターネットで調べていたときにアダルトチルドレンを知りました。

様々なサイトを見ては、あぁ当てはまると思い、自分はアダルトチルドレンなんだと気付きました。

苦しみの先の幸せ…現在の私と、母親との関係

私は、お付き合いしていた人と結婚することになりました。彼の両親の所へ挨拶へ行ったとき、彼の両親は彼にも私にも優しくしてくれて、こんな幸せな家庭があるんだと驚きました。

小さな頃の私の家の家庭とは全く違う、温かい家庭がそこにはありました。そこでハッキリと思えたのです。私には私の幸せがあるんだ、親に縛られたまま生きるのはもうやめようと。

今現在は母親と全く連絡を取っていません。自分の中から少しずつ母親の存在が消えつつあり、心の体調も落ち着くようになりました。

親に縛られて生きている人はたくさんいると思います。親は大切にしなければいけないという世間の声に苦しんでいる人がいるでしょう。

しかし、そんなことより、自分が幸せに生きることの方が大事です。幸せに生きるためなら、親との繋がりをなくしてもいいはずです。自分の幸せを一番に考えて生きて欲しいと思っています。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ