アダルトチルドレンの自己否定の問題は?人間関係!

アダルトチルドレンの自己否定となってしまう人の原因は育った家庭環境なのです。生まれてくる赤ちゃんは親を選ぶ事も育つ環境も選ぶことは出来ません。

機能不全の家庭環境で育った子供たちは受ける影響などをそのまま受け止め成長してしまう為アダルトチルドレンの自己否定といったような症状となってしまうのです。

アダルトチルドレンの自己否定を克服するには自分自身を見つめ直し褒める部分を探す所からがスタートです。自分を否定せずに生きていけるように意識して始めることが重要なのです。

アダルトチルドレンが自己否定になってしまうのは?育った環境です

アダルトチルドレンの人が自己否定になってしまうのはなぜなのでしょうか?その理由は育ってきた環境や過程にあります。

自己否定とは?

アダルトチルドレンの苦しみの一つである自己否定という症状なのですが、そもそもどのような状態を指すのでしょうか?自己否定には次のような症状が見られるのです。

  • 自分自身に自信が無く、自分を認めない
  • 何事につけても自分が悪いのだと決めつけてしまう
  • 誰も信頼できず、誰かに甘える事が出来ない

自己否定になる理由は?

アダルトチルドレンにみられる自己否定となってしまう理由は、育った家庭環境において自分が愛されていないような状況から自分自身を駄目な人間と思い込んでしまう所に原因があります。

自己否定になる環境とは?

幼い子供は親を選んだり、その育つ環境が選べる訳ではありません。その育った環境が親からの虐待や愛情が不足しているようないわゆる機能不全家庭と呼ばれるような所で育った場合子供たちは自分自身の気持ちなどは押し殺したり、自ら無視してその環境に無理やり合わせようとしてしまいます。

その結果、嫌な事を受け入れ続け、自分自身は表現出来ないまま成長していくので自己否定をする大人になってしまうのです。

自己否定の心理状態とは?自己嫌悪

自己否定の心理状態とはどのようなものかというと育ってきた背景から自尊心が低く自分を認める事が中々出来なくなっています。そして常に人に頼るようなっていき、その人に認められる事で安心感を感じるようになります。

もしその人に認められないと?

自己否定の心理状態が強くなりすぎると、頼っていた人に認められないと状況になると非常に不安になっていってしまいます。やがてその認めてくれない人を避けるようになったりするようになり人間関係のトラブルに発展するのです。

人間関係のトラブルを抱えると?

アダルトチルドレンの自己否定の心理状態である人は、中々人間関係がうまくいかず常に何かしらのトラブルを抱えているようになり、自分は何をやっても駄目だという自己否定感が増大し、その思考パターンは自己嫌悪感に繋がっていってしまいます。

自己否定が引き起こす問題は?人間関係がうまくいかない

自己否定が強くなってくると自分自身に自信が無く、自己嫌悪に陥ってしまう事もある為社会生活においても様々な問題を引き起こす事になるのです。

どんな問題ですか?

自己否定の強いアダルトチルドレンは自尊心が低いという特徴があります。そこから出てくる問題は、重要な決断などを決める事が出来なかったり、判断する事が出来ないという事が起きるようになります。また、自分自身の事を自分では理解していないというような事も起こるのです。

人間関係においては?

自己否定の強い人は自信というものが欠落している事が多くあります。そのような人はコミュニケーションの場で空気を読み過ぎたり謙虚過ぎたりして下手をすると嫌味にとられてしまうのです。

また過剰なまでのマイナス思考である事も多く周りから嫌われ人間関係がうまくいかないケースが多くなってしまうのです。

他人の目を気にする

アダルトチルドレンの自己否定が強い人は一つの傾向として他人からの目線を異常なまでに気にするという傾向があります。その為失敗するという事を他人に見られる事をとてもきらい、とにかくやりきろうと頑張ってしまいます。

そしてもし出来ない時などには反対に激しく自分自身を攻めてしまうという傾向も持ち合わせているのです。

自己否定を克服するには?自分自身を認める事

自己否定の激しいアダルトチルドレンは、自分自身を認めたり愛したりする事ができません。よって自己否定を克服する為には、自分自身の褒められる所を見つける事から始まります。

自分自身で見つけられない時?

自己否定を克服する為に自分自身で褒められ場所を一生懸命見つけようとしても見つからない時には、誰か信頼できる人に自分自身のいい所を見つけてもらうことになります。自分では見つけられなくても意外と思ったより沢山いい所がある事にびっくりするかも知れません。

心が軽くなるなら?

いい所を沢山見つけてもらい褒めてもらう事で心が軽くなりつつあるのであればそれは自己否定からの克服の道を歩みつつあるのです。

親として子供を自己否定にしない為には?褒める事と起こる事バランス

親の立場としては自分の子どもはアダルトチルドレンにしたくないと思っているはずです。しかしどのような事に注意をしたらいいのでしょうか?

子育て注意事項

子供もアダルトチルドレンにしない為には何が重要かというとまず一つ目には褒めることと怒る事のバランスを取ってあげる事が大事です。

怒った後に?

特に大事な事は怒った後にそのままにせずいい所を見つけてそこについてはちゃんと褒めてあげる事が必要なのです。

絶対にやってはいけない事?

自己否定のアダルトチルドレンに我が子をしない為に絶対にしてはいけない事が感情任せで怒り続けてしまう事です。これによって子供の感情は何をしても怒られてしまうと思い込み自制心の成長が止まってしまうのです。

まとめ

アダルトチルドレンとなって自己否定をしてしまうタイプになってしまうと何をしても自分を否定するようになってしまうので社会に出て人間関係がうまくいきません。自己否定になってしまう原因は生まれ育った家庭環境なので自分自身では選ぶことは出来ないのですが、その環境にいる事でそうなってしまっているという事に気付く事が大事です。

アダルトチルドレンの自己否定を回復する為には、そういう心理状態になっているという事を認識しながらも自分のいい所、褒められる所を見つけて自分の存在に価値を見つけ出していく事なのです。必ず回復できるので諦めずにチャレンジしていきましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ