適応障害の代表的症状とは!うつに大事なのは休息と励まさないこと

適応障害とは、人間が社会的な環境や自分自身の内的世界に対して適合する行動をとることができず、本人または社会にとって何らかの不利益を招いている状態をいいます。

もっと簡潔に言うと、社会に適応した行動がとれない状態を指します。

適応障害の代表的な例が、うつ、です。

以下に、適応障害の定義についてまとめたのちに、代表的な例である、うつについてまとめていきたいです。

適応障害とは?心理的に不安定な状態である

適応障害とは、一般的に、人が社会的環境に対して、適切な行動ができずに、心理的に不安定な状態を示す諸症状が現れている状態を指します。

具体的に、①自身と環境の間に軋轢などの緊張状態がある、②精神的に不安定で、不満感、挫折感がある、③自身の行動に関わらず、満足感や充実感が得られない、などの特徴があります。

適応障害による不適応行動について

適応障害を発症した場合、その症状は、統合失調症、気分障害、不安障害、強迫性障害、うつ病、などの神経症状によるもの、孤立や口がきけなくなるなどの自閉、暴力や反社会的な破壊活動を示すものなどその種類はさまざまで、どの症状が現れているのかを把握することが大事です。

適応障害の中でもポピュラーなうつ病について

適応障害の中で、最も世間的によく知られているのがうつ病です。現在社会はストレス社会とも呼ばれ、うつ病を羅漢する方も少なくないと言えます。以下に、適応障害の中でも最もポピュラーなうつ病に焦点を当てていきます。

うつ病とは、主に以下の症状が生じます。つまり、①抑鬱気分あるいは興味や喜びの減退、②食欲の減退や増加、③不眠または仮眠、④疲労感、⑤無価値観、罪責感、⑥思考力や集中力の減退、⑦自殺企図の症状が現れます。

うつ病の治療について。服薬し、休息をとることが大事である

うつ病は基本的に、服薬と安静・休養により治癒する病気です。症状が進むにつれて人格が荒廃してゆくということはなく、発症した場合でもかならず治癒することができるため、根気よく治療してゆくことが大事なのです。

まとめ。理解し、支援するために必要なこと

もしも身近にいる人がうつ病になってしまった際は、周囲の人々は励まさないのが鉄則であると言えます。うつ病の患者は、比較的その性格傾向から、頑張ろう、頑張ろうと思っても、どうすることもできず、そんな自分に対して苦しんでいる場合が多いのです。

そんな場合は、まず、うつ病の本人が無理をせず、頑張らなくていいんだと思えるようになる必要があります。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ