アダルトチルドレンは対人恐怖症になりやすい?解決方法などを解説!

アダルトチルドレンと呼ばれる人々は、様々な苦悩を抱えています。そんなアダルトチルドレンが抱える悩みの1つに、「対人恐怖症」があります。

「対人恐怖症」であると、生きていく上で多くの問題にぶつかることになります。それがストレスとなってしまい、自分に対する自信を喪失することにつながり、うつ病やうつ状態に陥ってしまう人も少なからず存在します。つまり、それほどまでに「対人恐怖症」という病気は深刻な問題であるということです。そのような状態は、できる限り早期に解決することが好ましいと言えます。

この記事では、そんな「対人恐怖症」について、どのような病気なのか、また、「対人恐怖症」を患うことのデメリットや問題点、その解決方法について解説していきます。

対人恐怖症ってどんなもの?「人が怖い」という気持ちがあったら注意!

この項では、「対人恐怖症」とはどのようなものなのかを解説していきます。

対人恐怖症とは?

通常であれば、初対面こそ緊張したり恥ずかしかったりしても、時間の経過とともに人間関係を築き上げることができ、人と親しくなることができます。しかし「対人恐怖症」の場合は、時間が経過したとしても人間関係をうまく築くことができません。つまり、人に対して過剰な恐怖を抱いてしまうのです。

「対人恐怖症」だとどんな症状が出る?

対人恐怖症に陥ると、様々な症状が出てきます。具体的には、下記の3つが挙げられます。

    <対人恐怖症の症状>

  • コミュニケーションをとることができない
  • 雑談が苦手
  • 人の視線が気になる

対人恐怖症の心理ってどういうもの?2つを解説!

この項では、「対人恐怖症」の人が抱えている心理について解説します。

周囲の人から「バカにされている」ように感じてしまう!

「対人恐怖症」の人は、他人から「バカにされているのではないか」ということが常に気にかかってしまいます。例えば、自分が全く関係のない話題で他人が盛り上がっていたとしても、「陰で自分のことを笑っているのではないか」と考えてしまい、落ち込んでしまったり、憂鬱な気持ちになってしまったりします。

「怒られる」のが怖い!

「対人恐怖症」の人は、周囲の怒りにも非常に敏感です。そのため、「何か言えば怒られるのではないか」と常にビクビクとし、言葉を選びながら話してしまうことが多く、コミュニケーションをうまくとることができません。

なぜアダルトチルドレンは「対人恐怖症」になりやすいの?「幼少期」に注目!

この項では、なぜアダルトチルドレンが「対人恐怖症」になりやすいのかを解説します。

アダルトチルドレンは「対人恐怖症」になりやすい!

アダルトチルドレンは、人よりも怒られたりすることが苦手だったり、他人の目を気にしやすかったり、人の感情に敏感でつい顔色を伺ったりしてしまう傾向が強いです。それが行きすぎてしまうことで、「人が怖い」という気持ちが生まれてしまい、「対人恐怖症」になりやすくなってしまいます。

アダルトチルドレンが「対人恐怖症になりやすい」のは「幼少期」の所為!

なぜアダルトチルドレンが「対人恐怖症」になりやすいかというと、ポイントは「幼少期」の体験にあります。アダルトチルドレンはそもそも、幼少期に家庭内で不和があることで生じます。

特に、幼少期に父親から怒鳴られたり、暴力を振るわれたり、母親から過干渉を受けたりしている経験が多い場合、「他人の顔色を伺って生きなければならない」という考えが刷り込まれやすくなってしまい、「対人恐怖症」になりやすいです。

対人恐怖症ではどんなことが問題になる?2つを紹介!

この項では、対人恐怖症によってどのような問題が生じるのかを解説します。

対人恐怖症になると「わからないことがわからないまま」になる!

「対人恐怖症」の人は、他人の邪魔をすることを避ける傾向にあります。その所為で、本当に必要なこと(例えば業務上でわからない点を他人に質問することができないなど)がわからないまま放置されてしまうことがあります。

対人恐怖症になると「物事に集中できない」!

「対人恐怖症」になると、少し人の視線を受けただけでも、体が震えてしまったり、頭の中が真っ白になってしまったりということが起こります。その所為でやるべきことに集中できず、うまく物事が進行しない恐れがあります。

対人恐怖症のデメリットは?「当たり前のことができなくなる」のに注意!

「対人恐怖症」のデメリットとして考えられるのが、「当たり前のことができなくなる」というものです。例えば、前述した通り仕事でわからないことを放置した結果、本来できるはずの仕事を完遂することができなかったり、人の視線を気にするあまり外出ができなくなったりします。つまり、社会的な息苦しさを感じる機会が増えるというわけです。

対人恐怖症の解決方法は?「仲間」を作るのも手!

「対人恐怖症」について、どのような病気なのか、また、原因やデメリット、問題点について解説しました。対人恐怖症になると、コミュニケーションがとれなかったり、雑談ができなかったり、人の視線が気になったりしてしまうことから、うまく人間関係を築き上げることができません。

特にアダルトチルドレンと呼ばれる人々は、幼少期に肉親という最も身近な他人に恐怖を感じた経験があるため、「対人恐怖症」に陥りやすい傾向にあります。

「対人恐怖症」は、一度患うと仕事が困難になったり、日常生活に支障が出たりするなど、社会的な生きづらさを感じる機会が増えます。よって、早期の対応が必要になります。

しかし、自分一人で「対人恐怖症」を解決するのはなかなか難しいことです。その場合は、支援センターなどで「対人恐怖症」や「アダルトチルドレン」の「仲間」を探すことも有効です。

同じ症状に悩んでいる、または同じ境遇に悩んでいる人と交流することで、ありのままの自分を受け入れてもらいやすくなりますし、そのような経験があると、自分自身でもありのままの自分を受け止めやすくなります。

突然ハードルが高い交流をする必要はなく、自分にとって無理のない範囲で、少しずつ他人と交流していくことで、「対人恐怖症」への改善の道が開けます。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ