アダルトチルドレンが自己否定に走ってしまう理由は?解決法も!

アダルトチルドレンの人は、幼少期に愛情が十分に得られなかったことにより、周囲に順応性して見捨てられないようにという気持ちばかりが出て、自分の価値観が構築されず、自己主張ができません。そのことにより、自分を認めることができないので、結果として自己否定に走りがちです。

自己否定を延々と繰り返すことにより、他人への依存度も上がり、トラブルを抱えることもしばしばです。そうすると、生きづらさを感じてしまう結果となり、さらに悪循環へと陥ってしまいます。

そんな悪循環を断ち切るため、この記事ではアダルトチルドレンの人々が抱えやすい自己否定について、自己否定に陥る心理状態や問題点、それに対する解決方法を紹介します。

アダルトチルドレンはどのように自己否定に陥るの?心理状態を解説!

この項では、アダルトチルドレンの人々が自己否定に陥る心理状態を解説します。

アダルトチルドレンの人々が自己否定に陥る心理状態は?

アダルトチルドレンの人々は、人に対して恐怖感を抱いてしまう傾向にあります。人に対して恐怖感を抱いてしまうと、対人関係が上手く構築できない場合があります。そのことでより自分自身を「ダメな人間だ」と思ってしまい、自己否定に陥ってしまいます。

アダルトチルドレンの人々はなぜ自己否定に陥ってしまうの?

アダルトチルドレンの人々が自己否定に陥ってしまう背景には、「幼少期の体験」があります。アダルトチルドレンの人々は、幼少期に両親の怒鳴り合いを見てしまったり、揉め事に巻き込まれたり、または虐待を受けるなどして、両親から十分に愛情を注がれないことがあります。このことから「人は信用できない」という思いを抱いてしまい、対人関係への恐怖感につながります。

アダルトチルドレンが自己否定に陥ることで生じる「対人関係」の問題とは?背景も!

この項では、アダルトチルドレンの人々が抱える「対人関係」の問題について解説します。

アダルトチルドレンが自己否定に陥ると対人関係が築き上げにくい!

アダルトチルドレンの人々が抱えている問題の1つとして、対人関係が挙げられます。主に雑談が苦手だったり、自分の感情を上手く伝えられなかったりするといった障害が生じます。

アダルトチルドレンの人々が対人関係を築きにくい背景は?

前述した通り、アダルトチルドレンの人々は「他人を信用できない」という思いが非常に強いです。そのことから他人を危険因子と判断してしまい、上手く心が開けず、コミュニケーションが構築できません。

アダルトチルドレンが自己否定に陥ることで生じる「決断できない」心理とは?その裏も解説!

この項では、アダルトチルドレンの人々が抱える「自己決定」の問題について解説します。

アダルトチルドレンが自己否定に陥ると自分で決断を下せない!

アダルトチルドレンの人々が抱える問題のもう1つは、自己決定ができないというものです。つまりは、何か問題が生じても、自分自身で決断を下すことができないというものです。

アダルトチルドレンが自分で決断を下せない背景は?

アダルトチルドレンの人々が自分で決断をできない背景には、「自分に自信が持てない」という心理が関わっています。つまり、自己否定することで自尊心が非常に低い状態になってしまいます。その状態だと、どのような結論を出しても自分で正しいと思えず、いつまでも決定を下すことができません。

アダルトチルドレンは感情のコントロールができない?その背景も!

この項では、アダルトチルドレンの感情の動きについて解説します。

アダルトチルドレンの人は激情型?

アダルトチルドレンの人々は、感情のコントロールが上手くできない傾向にあります。すぐに落ち込んだり、気性が荒くなったりと、感情に波があります。

アダルトチルドレンの人が感情をコントロールできない背景は?

アダルトチルドレンの人々が感情をコントロールできない背景にあるのは、「存在を否定し続けられたこと」にあります。特に幼少期に親から身体的、精神的に虐待を受けて存在を否定されて育った場合は、その傷がなかなか癒えず、大人になっても引きずってしまいがちです。

そうすると自分を愛して欲しいという感情から、行動に善悪がつきにくくなってしまいます。どうしたら良いのか自分でも分からず、つい感情的になってしまいます。

アダルトチルドレンの人々の自己否定の解消法は?主に2つ!

アダルトチルドレンの人々は、自己否定をしてしまうことで生きづらさを抱えやすくなってしまいます。その解決方法として挙げられるのが、2つあります。

    <自己否定の解消法>

  • 自分自身を褒める
  • 完璧主義を捨てる

自分自身を褒めるとは?

自分自身を褒めるということは、自分自身の良いところを認めるということでもあります。しかし、自分で自分の良いところはなかなか見つかりにくいものです。どうしても自分の良いところを自分で見つけられない場合は、他人に自分の良いところを挙げてもらうことをおすすめします。

完璧主義を捨てるとどんなことがある?

自己否定の根本にあるのは、「自分はダメな人間だ」という感情です。なぜ「自分はダメな人間だ」と思ってしまうのかというと、「自分自身は完璧な存在じゃない」という気持ちが根本にあるからです。

この「完璧でなければならない」という感情は、自分自身を縛り付けてしまいます。この縛りをなくすことで、もっと自分の感情を自由に出せるようになり、自分を認めやすくなっていきます。つまり、自己肯定がしやすくなるということです。

アダルトチルドレンの自己否定から逃れるために大切なことは?ポイントは3つ!

アダルトチルドレンの人々が自己否定を抱えてしまう背景や心理状態、問題点と解決方法を紹介しました。アダルトチルドレンの人々が自己否定に陥る背景には、「幼少期の体験」があります。

家庭内暴力など、愛情を十分に注がれなかったという体験から、アダルトチルドレンの人々は愛情に飢える傾向にあります。その愛情不足が、「自分は存在してはいけないダメな人間だ」という思考を生み出してしまいます。これが所謂「自己否定」です。これが対人関係に影響したり、自己決定の不可能に通じたりします。

そんな自己否定を解消するポイントは3つあります。それは「自分に自信を持つこと」「落ち着きを持つこと」「完璧主義を捨てること」です。これらを実行すると、自己肯定感が上がり、生きづらさが解消されます。なかなかすぐにこれら全てを実行することは難しいですが、焦らずゆっくり、時間をかけて取り組むことが大切です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ