認められたいが人間関係がうまくいかない 女性 41歳 N.S.さん

自分がアダルトチルドレンだと気づきながら、長らくそれを自分の中で認めることはありませんでした。人から好かれたい、ほめられたい、感謝されたいと切実に願う反面、他人にそのように接することができません。

それなのに、どうして自分は受け入れられないのかというジレンマに陥ります。人との距離が測りにくい、人を拒みながらも固執する自分に疲弊しています。

毒親~愚痴や不満のはけ口にされ

母親は外面は良い人間でしたが、幼い頃から人の悪口を聞かされ続け、両親も喧嘩の絶えない家でした。母親は私のことを愚痴や不満の捌け口にしていたのだと思います。

兄が人より早く家を出たので、残された私はもっぱら搾取の対象でした。私に良いことが起こっても、祝福するどころか妬みのこもった言葉しか受けませんでした。仕事についても嫌なら辞めればよい、家を出て独立しても、嫌なら戻ってくればよい、というばかりで、応援してくれていると感じることはありませんでした。

父親は中学生になった私の入浴中に何度もドアを開けるような人間でした。大人になっても風呂上りを狙っては前を横切る。母親は見て見ぬふりでした。

父親は不器用で親戚からも疎まれています。疎まれた親の子という自己嫌悪が根付いています。

それでも認められたいと思い続けてしまいます。母は他界したので、自分の人生がうまくいかないのは彼女のせいであると思ってしまう自分を許したいと思う自分と、そういった思考から離れるべきだと思う自分がいますが、いずれにせよ過去への執着があるのだと思います。

人間関係の継続がうまくできず

100%自分の味方であると思える人以外との関係継続が難しいと感じます。当然、年齢とともにそう思える相手が減っています。

仕事上でも認められたいがために滅私奉公のような関係づくりをしてしまい、受け入れられなければ相手を軽蔑してしまいます。感謝を求めることが相手への依存だと最近気が付きましたが、どうしても見返りを期待してしまいます。

成長段階で親に守られているという意識が低かったため、自分で何でもやってしまい、当然失敗することも多く、また周囲からは「あなたはしっかりしているから大丈夫」と助けてもらえない。こうでなければいけないという理想が高く、また人からも理想が高そうだと敬遠されてしまいます。助けてもらいたいというのもまた依存なのだと思いますが、人との距離がうまくとれません。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ