社会でうまく生きていくにはアダルトチルドレンの取説が必要!

アダルトチルドレンは発達障害の一種といわれています。アスペルガー症候群とも似ていて、脳の発達が妨げられ、大人になっても子供のように振る舞ったり、大人であれば理解できる「空気」が理解できない状態です。

病気ではないため、普通に社会の中で仕事をしていますが、ある時に一瞬、子供と同じようなふるまいを見せることがあり、そこに周囲の人が違和感を感じるようです。

アダルトチルドレンは治るというものではないため、時間をかけて社会の中で「空気感」を読むすべを養って、大人としての立ち振る舞いを覚えていくのが良いようです。

とにかくある部分が子供

社会の中で生活していて、ある仕事をまかされていたとします。書類も書けるし、パソコンもうて、仕事として何ら支障がないように見えますが、電話対応などになると極端におかしく、子供じみた言葉づかいや、相手に対する気遣いがまったくないというような行動がみてとれるでしょう。

これは、本人がワザとやっているわけではなく、人と対応するという側面だけが脳から抜けている状態のようです。

どうやって接すればいいか

アダルトチルドンは、そのほかに1つのことにこだわる特長があります。ある分野だけが極端にすぐれていて、他のこと、特に対人的なことはまるっきり対応できないという極端な意識を持っているようです。

そのこだわりを取り払おうとすると怒り出したり、落ち込んだりと、急な感情の変化があらわれるのでわかりやすいといえます。人との対応が極端に苦手で、言葉につまってしまうようなら、業務においてその部分だけを省いた仕事をまかせなければ良いわけです。

取説を作りましょう

アダルトチルドレンの人とうまく付き合うには、その人の突出した部分だけを伸ばし、それ以外のことは触れさせないことです。対応には困りますが、本人はその突出した部分をやっている間は、楽しさを感じることがあるはずです。

苦手なことについては、「こうなった時にはパニクってしまう」や「こうなった時は動きが固まってしまう」など、その人の行動や感情のパターンを掴んでおくことでしょう。

仕事では逆に突出した部分だけを使うようにして、周囲にも説明しておくべきです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ