アダルトチルドレンの人が自責感から逃れるには?4つを紹介!

幼い頃の家庭環境に問題が生じた場合、成人してからも心に傷を負うことがあります。その人々は「アダルトチルドレン」と呼ばれ、時に生きづらさを抱えて苦しむことがあります。

そんな「アダルトチルドレン」の人々は、自分を追い詰める、所謂「自責感」に悩まされることがあります。一度「自責感」を抱えてしまうと、「自分はダメな人間だ」と思い込みやすくなります。その状態は心のバランスを欠いてしまい、非常に危険であると言えます。

心のバランスを欠いてしまうとは、精神的な病を引き起こす可能性を高めることにつながります。そんな状態を避けるため、「アダルトチルドレン」の人々が、自責感にとらわれることがなくなる方法や、その方法をとることのメリットを解説していきます。

自責感にとらわれないようにするためには?4つの方法を紹介!

アダルトチルドレンの人々は、時に自責感に悩まされることがあります。自責感に悩まされることは、生きづらさを抱えることにつながります。そんな自責感を取り除く方法は、主に4つあります。

    <自責感にとらわれない方法>

  • 物事に対するハードルを低くする
  • 完璧を求めない
  • 自分を肯定する
  • 物事の新しい一面を見る

物事に対するハードルを低くすることが有効な理由は?2つの理由を紹介!

この項では、物事に対するハードルを低くすることが自責感から逃れることになる理由を挙げます。

新しいことに挑戦しやすくなる!

物事のハードルを下げることにより、新しいことに挑戦しやすくなります。新しいことに挑戦することで、思わぬ発見があることもあります。自分の知らないことを知ることで、人生の充実感をはかることができ、自責感から逃れやすくなります。

やるべきことが明確になる!

物事のハードルを下げるためには、1つの出来事を細かく分解する必要があります。そのような手順を経ることで、「自分が今やるべきことは一体何だろう?」と考えることができるようになります。

完璧を求めないことが良い理由とは?2つの理由を紹介!

この項では、完璧を求めないことによるメリットを2つ紹介します。

自分のことを認めやすくなる!

「常に100%の状態でいなければならない」という考え方は、自分自身を追い詰めてしまいやすい傾向にあります。常に脅迫感にとらわれ続けていると、自分自身をダメな存在だと思い込んでしまいやすくなります。

しかし、完璧であることをやめると、「今のままで良いんだ」という感情が生まれやすくなり、自責感から逃れやすくなります。

時間の節約になる!

完璧を求めないようにすることは、時間の節約にもつながります。常に100%の完成度を求めていると、いつまで経っても物事を終わらせることができなくなってしまうという事態に陥ってしまうことがあります。

それにより、「いつまで経っても物事を完遂できない自分はダメな人間だ」と追い込んでしまう人も少なからずいます。しかし「80%程度の完成度にしておけば良い」といったように、完成度に執着しなくなると、ある程度物事を完遂した時点で満足するため、次のステップに進みやすくなります。

自分を肯定することでどんなメリットがある?2つを紹介!

この項では、自分を肯定することのメリットを2つ紹介します。

自分の生き方に自信が持てる!

自分自身を「ありのままで良い」と肯定することは、自分自身が今まで辿ってきた生き方を肯定することとイコールです。自分自身の生き方に対して肯定的な態度をとるようにすると、「これで良いんだ」と自分自身に対して自信が持てるようになります。

幸せを感じられるようになる!

自責感にとらわれるようになってしまうと、身近にある幸福を見逃してしまいがちです。しかし、自分を肯定すること、つまり自己肯定感を高めることで思考がポジティブな方向になりやすくなります。そうすると、今まで見えなかった「物事の前向きな部分」が見えるようになってきます。

「物事の前向きな部分」が見えるようになると、「幸せだ」と思う瞬間が増えてきます。それを積み重ねると、人生に充実感がもたらされるようになれ、自責感は薄くなっていきます。

物事の新しい一面を見ることで得られるメリットは?2つを紹介!

この項では、物事の新しい一面を見ることで得られるメリットについて、2つの角度から紹介します。

今まで知ることのなかったことを知ることができる!

物事を今まで見ていた角度とは別の角度で見ることで、単純に「知識」が増えます。その「知識」が、場合によっては「自責感を抱える」という現状を打破するきっかけになってくれることもあります。

多様な考え方ができるようになる!

物事の新しい一面が見えることになるようになるということは、新しい価値観を得られるということでもあります。新しい価値観を得ると、今までとはまた違った角度で物事を見ることが可能になり、考え方の幅が広がります。

その考え方の広がりが、時に「自責感」をなくすという役割を果たすことがあります。

自責感にとらわれないようになるキーワードは?2つを紹介!

自責感にとらわれなくなる方法を4つ紹介しました。自責感にとらわれないようになるキーワードは2つあります。それは、「自信」と「知る」です。

自分自身に自信を持つこと、そして多様な価値観や知識を身に付けること、この2つが自責感から逃れるためには非常に重要なものとなります。

この2つを持つことで、物事のハードルが下がって新しいことに挑戦できるようになったり、自己肯定感を生んだりすることができます。そうすれば、自ずと自責感は消え、アダルトチルドレンで自責感に悩んでいる人も生きやすくなる確率が非常に高くなります。

まずは少しずつ、「自信」と「知る」ことを意識していくのが、アダルトチルドレンの人々が自責感から逃れるコツです。無理のない範囲から、徐々に始めていきましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ