アダルトチルドレンの10の症状一覧

主なアダルトチルドレン(AC)の症状の例を説明します。アダルトチルドレンになるとどんな症状になるか10の症状をあげました。

アダルトチルドレンの症状一覧

1.周囲の期待に過度に合わせて演技する
周囲の期待に応えるべく、自分の事を過度に抑制し、辛くても我慢して合わせたり演技したりする。

2.甘え、愛情、依存、執着の区別がつかない
異性に対して異常に接近して距離感がつかめずうまくいかない。恋愛では相手に全て合わせる傾向がある。自分のペースを保てないため、苦しくなる。

3.恋愛では自分に合わない相手を選ぶ
恋愛で依存できる相手を選ぶため、結果、相応しくないパートナーを選択してしまっている。
DVやモラルハラスメントな人、自己中心的なパートナーを選択する傾向がある。

4.楽しむ・遊ぶことがうまくできない
自分を抑えて育ってきたため、楽しい時でも周囲の様子を伺いながら、適切な役割を演じようとする傾向がある。

5.真っ向からNOと言えない
相手の期待に応える癖がついているため、辛くてもYESの返事をしてしまい、後で苦しんでしまう。

6.自己批判、自罰傾向がある
好ましくない事態は自分の努力不足と判断し、自分へ罰を与えてしまうことがある。

7.自立的な思考判断の欠如、他者依存、他人の承認を求める
依存相手に何事にもこれでいい?、といった承認を得るようになってしまう。
自分の意思で何かを決めることが苦手で、判断をする時に相手の考えや期待を確認しようとする。
期待に応えるために自分らしさを抑え、結局自分らしい判断ができず、判断をしてくれる人がいつも必要になる。

8.喜怒哀楽の表現が下手
自分の喜怒哀楽は期待に応えるためには不要と考え、感情を押さえ込みがち。限界に達すると感情の爆発に至ることがある。

9.被害妄想を持つ
常に論理的な思考で答えを探しているので、上手く答えが見つからない場合、まだ問題が起きていないのに、上手く行かない、自分が責められていると考える傾向がある。

10.無力感や心身症に陥いる
自分の気持を抑える癖があるため、抑え過ぎて本音が分からなくなってしまう。それが悪化すると心身になんらかの影響を与える状態になることがある。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ