[アダルトチルドレンの苦しみ]執着心は身動きを奪う

アダルトチルドレンで苦しむ方は、ものや人、考えなどさまざまなことに執着とします。大変執着心の強いという特徴があります。

そのため人からの裏切りに過剰に反応とし信頼心から拒絶心へと180度変化と極端な反応をするのであります。中間がなく、臨機応変という対応が難しいという特徴があるのであります。

執着心を無くす努力をしましょう

ものを大切とし、人を大切とし、考えを大切とすることは決して悪いことではありません。しかし何事も過剰なものは自己の動きを窮屈とするものであります。

身動きがとれないのはやはり苦しいものです。それは自己と同様他も同じことです。他をしばることはやはり窮屈でありその繰り返しは距離をつくってしまうこととなるでしょう。バランスのよい距離間とはあるのです。

お互いがいごこちのよい距離間をつかみその距離感を保つ努力をしましょう。これが大切であり、重要です。

より広い世界ではばたきましょう

執着心を無くすことで、自己の世界観を広くすることも可能であります。自由がうまれ、そして自己を縛るものがなくなるのでありますから。

しかし自由を不安ととらえることがあります。自由であることは、やはり結果が分からないものです。結果を考えて行動とするアダルトチルドレンで苦しむ方にとって、結果のわからない行動はやはり不安なのであります。それも繰り返し、繰り返すことで緩和されていくでしょう。

経験が自己を成長させる!

経験が自己を成長とさせるのであります。最初は苦しいことであり、不安感も絶大なものとなるかもしれません。

しかしそれも永久ではありません。先が見えない、永久的なものはやはり不安でしょう。ただ、経験とすることでそれは永久にはならないですから、恐れず自由を楽しみましょう。初めての経験は多くの方が不安を抱くものであります。

自己だけではありません。多くの方も抱く感情と認識とすればより不安感も薄れることでしょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ