アダルトチルドレンとパニック障害の関係は?「いい子」が鍵だった!

アダルトチルドレンの人々が抱える問題の1つとして、「パニック障害」が挙げられます。アダルトチルドレンの人々は、社会的な生きづらさや息苦しさに悩んでいます。「パニック障害」は、その社会的な生きづらさや息苦しさが表面化したものです。

「パニック障害」を抱えてしまうと、より社会的な生きづらさや息苦しさが増す結果になります。アダルトチルドレンを抱えているだけでも苦しいですが、そこに「パニック障害」が付与することで、苦しみの連鎖が生まれてしまいます。

そこでこちらの記事では、その苦しみの連鎖を断ち切るため、アダルトチルドレンが抱えやすい「パニック障害」はどのようなものなのか、また、「パニック障害」の原因、さらに「パニック障害」を抱えることの問題点やその解決方法を紹介していきます。

パニック障害はどのようなもの?「動悸」や「息切れ」に注意!

この項では、「パニック障害」とはどのようなものなのかを解説します。

パニック障害とは?

「パニック障害」とは、ある日突然、動悸や息切れ、強い不安を伴う「パニック発作」と呼ばれるものが伴う病気です。「パニック発作」は思いがけない瞬間に訪れるので、非常に強い混乱を伴います。「パニック発作」を繰り返すうちに、「この発作がまた出たらどうしよう」という不安が生まれ、日常生活を送るのに支障をきたすことがあります。

パニック障害が進むとどうなるの?

「パニック障害」が進行してしまうと、日常生活が困難となり、「日常生活すら上手く送ることができないなんて、自分はダメな人間だ」と考えるようになってしまいます。それが強いストレスになってしまうと、やがてうつ状態やうつ病に発展してしまうケースがあります。

パニック障害の原因は?「脳」がキーワード!

この項では、「パニック障害」の原因について解説します。

パニック障害の原因は?

「パニック障害」の原因には諸説あり、明確な原因は明らかになっていません。しかし、研究によって、「パニック障害」には「脳」の機能が関係していることがわかっています。

「脳」の機能がパニック障害を作る!

具体的には、脳の3つの部分が「パニック障害」に関係しています。

    <パニック障害に関係する脳の部分>

  • 大脳
  • 大脳辺緑系
  • 青斑核・視床下部

それぞれがセロトニンを異常分泌したり、セロトニンの調整が行えなかったり、誤操作を起こすことで、パニック発作が起こります。

パニック障害の問題点は?「社会生活」が送れなくなる!

この項では、「パニック障害」の問題点を解説します。

パニック障害の問題点は?

「パニック障害」の問題点として挙げられるのは、「社会生活」を送ることが難しくなるというものです。社会生活を送ることができなくなることにより、憂鬱感や落ち込みが増大し、さらに悪循環に陥ります。

なぜ「社会生活」を送ることが困難になるの?

「パニック障害」になると、「予期不安」と呼ばれる強い不安感が生じ、外出や通学、通勤が困難になってしまいます。そのため。社会生活を送ることが困難になるというわけです。

パニック障害になりやすい人は?「完璧主義」に注意!

この項では、「パニック障害」になりやすい人の特徴について解説します。

パニック障害になりやすい人は?

「パニック障害」に多いのは、一般的に女性や若年層、また、親や兄弟がパニック障害を患っている人と考えられています。しかし実際には、どのような年代の人もかかりやすいことがわかっています。

「完璧主義」に注意!

実際に「パニック障害」になりやすい傾向にあるのは、「完璧主義」の人です。全てを完璧にやり通さなければいけないという固定観念があればあるほど、上手くいかない自分に苛立ち、ストレスを抱えやすくなります。そのストレスが表面化すると、「パニック障害」に発展する可能性があります。

アダルトチルドレンがパニック障害になる理由は?「いい子」がキーワード!

アダルトチルドレンと「パニック障害」になりやすい人の共通点として、「いい子(完璧)であろうとする」ということが挙げられます。その「完璧」を貫こうとする姿勢は、時に人に大きな重責を背負わせます。それがストレスとなることで、「パニック障害」が発症します。

パニック障害の問題と解決方法は?「焦らない」ことが重要!

アダルトチルドレンの人々が抱える問題の1つである「パニック障害」について、どのような病気なのか、また、原因や問題点について解説しました。

「パニック障害」は脳の機能に問題が生じ、突然息苦しさや激しい動悸を感じる「パニック発作」が起こる病気です。それが続き、「また発作が起こったらどうしよう」という、所謂「予期不安」というものが生じるようになると、通学や通勤、外出が困難となり、社会的生活が困難になります。

もともと、「パニック障害」は完璧主義者の人がなりやすい傾向にあります。アダルトチルドレンもまた、「いい子(完璧)な存在でいなければならない」という意識が強いため、より「パニック障害」を抱える可能性が高まります。

この問題を解決するために重要なのは、時間をかけて焦らずじっくりと治していくということです。「早く社会的生活を遅れるようにならなくては」と焦る気持ちを抑え、ハードルが低いものを1つ1つできることを増やしていき、自分に自信をつけるようにします。そうすると自ずとやる気も出てきますし、次第に自ずと高いハードルを越えられるようになります。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ