適応障害とうつ病は違う?克服方法は意外にシンプルだった!

適応障害という言葉を聞くと、ほとんどの人が「何かうつのような病気」というイメージを持つのではないかと思います。

確かに、適応障害とうつ病の症状は非常によく似ています。

どちらの疾患もストレスによって吐き気、めまい、倦怠感、頭痛や不安感などを引き起こすものです。

しかし、それぞれの疾患の特徴を詳しく調べていくと、その原因や回復の仕方に異なる点が見えてきます。

見逃さないで!適応障害のサイン

適応障害とは、例えば進学、就職、結婚、失恋など特定の状況や出来事にストレスを感じ、それが原因で様々な症状を引き起こす心の病気です。

この場合のストレスというのは、必ずしも悲しい、辛い出来事ばかりではありません。環境の変化に上手く適応できないことにストレスを感じて不調をきたしてしまうのです。

適応障害の具体的なサインとしては、不安感、頭痛、めまい、動悸、倦怠感などの心身に現れる症状のほかに、会社や学校を無断欠席したり、物に八つ当たりしたりといった行動面の症状もみられることがあります。

医師も間違える?適応障害とうつの違い

適応障害とうつ病は、その原因や症状の類似点が多いことから、医療機関においても初診では診断が難しいこともあるそうです。そんな両者の疾患の大きな違いは以下ような特徴の違いです。

まず、適応障害の方はストレスの原因となる状況や出来事がはっきりとしていて、その原因から離れると、症状は次第に改善するのです。しかし、うつ病の場合はストレスの原因となる状況や出来事から離れても、憂うつな気持ちが続くのです。

適応障害を治すには?

適応障害を克服するために行わなければいけないことは、まず第一に原因となるストレスから離れることです。上司とそりが合わないことが原因であれば、会社を一時休職して十分な休養をとることを推奨します。

適応障害は新しい環境に適応できないということ自体が問題なので、どうすれば環境に適応できるかを考えることが最終目標です。しかし、問題の解決方法を考えて正しい判断を下すためには、健康な心身が必要なのです。

あなたの周りにいませんか?

同じようにストレスが原因で似た症状を引き起こす適応障害とうつ病ですが、その特徴や治療方法はそれぞれ異なります。正しい治療を早期に受けるためには、適応障害やその他の精神疾患について正しく認識し、早めに医師の診断を受けることをおすすめします。

ストレスによる症状は、周りから理解されにくく、辛い思いをしている人も多いと思います。ストレスのない人はいませんが、その耐性は人それぞれです。

もしも、あなたの周りに適応障害で苦しんでいる人がいれば、手を差し伸べてあげてほしいと思います。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ