アダルトチルドレンは恋愛下手?恋愛依存を改善して幸せになる方法!

愛しているのにうまくいかない、恋愛の悩みを抱えていませんか?信じたいのに信じられない、喧嘩が絶えない、そんな関係は、辛いものです。LINEやメールの返信が遅いだけで、不安や不満になるのは、恋愛依存かもしれません。

アダルトチルドレンは、親に愛されなかったという、心の傷を抱えています。その傷を、恋人という存在で癒そうとすると、恋愛依存に陥るのです。

恋愛依存とは?他の依存症を招く恐れがある!

恋愛依存は女性に多く、恋愛する過程で恋人に依存し、際限ない愛を求めたり、必要以上に尽くします。嫌われたくないという思いが強く、不安を鎮めるために、恋人をコントロールしようとします。関係が悪くなると、アルコールやODなど、他の依存症を招く恐れがあります。

アダルトチルドレンの心の傷?恋愛依存になる理由!

アダルトチルドレンは、自己肯定感が低く、生き辛さを抱えています。機能不全家族で育った、まだ癒されていない心の傷が、恋愛を難しくさせています。その傷の、どういうところが、どのように、恋愛を難しくさせているのでしょうか。

自分に自信がないところ

子供の頃から、自分には、存在価値がないという意識があります。こんな私でも、生きていていいんだという実感を、恋愛に求めます。恋人が、自分らしさを愛していると信じず、疑心暗鬼になります。

承認欲求が強いところ

親に満たせてもらえなかった承認欲求を、恋人で満たそうとし、褒められたかどうかで、一喜一憂します。褒め言葉や感謝、見返りを求め、恋人の期待に沿う姿は、恩着せがましく映ります。

気持ちが不安定なところ

親の顔色を伺わなければいけなかったので、恋人の表情一つ取っても、ネガティブに捉えます。そうかと思えば、子供のようにはしゃぎ、気分の浮き沈みが激しく、恋人を振り回してしまいます。喧嘩になると、人が変わったように激昂したり、傷付いた言葉や出来事を、いつまでも引き摺ります。

運命の出会い?惹かれ合う恋愛依存と回避依存!

恋愛依存の多くが、何かしらの問題を抱える、回避依存を恋人に選び、役に立ちたいと考えます。また、自分には無い魅力を、回避依存に感じ、憧れにも似た気持ちを抱きます。回避依存は男性に多く、隠し持った劣等感があり、内気で健気な女性に、魅力を感じます。恋愛依存と回避依存が惹かれ合うと、共依存に発展します。

回避依存とは?クールを装うアダルトチルドレン!

回避依存には、DVや、モラスハラスメント気質があります。機能不全家族で育ち、見捨てられ不安を持ちながらも、他人と一線を引き、本音を話そうとしません。人前では、アダルトチルドレンの部分を隠し、クールで、自信に満ちた態度をとります。

パーソナルスペースが狭く、人と深く関わることを避ける一方で、母性愛を渇望しています。引きこもりがちで、長く続く人間関係は避け、いつでも立ち去れるSNSを好み、男性より女性と交流を持ちます。恋人には、母親のような愛情を求めますが、管理下に置かれると感じると、投げやりな態度をとります。仕事やパチンコなどの依存症や、軽い関係で済む浮気に、逃げ道を作ってしまいます。

うまくいくわけはない?共依存関係の恋愛!

恋愛依存と回避依存は、機能不全家族で育った共通点があり、傷を埋め合います。お互いが、とうとう、理想の人を見つけたと、早い時点で思い込みます。

共依存関係が続くと、両者の求める愛情に、温度差が生じてきます。恋愛依存は、尽くすという形でコントロールしても、期待通りに運ばず、疲れ果てます。回避依存は、恋愛依存の愛に応えようとはしますが、支配される恐怖から逃げ出します。そして、早い時期に別れるか、孤独を恐れ、別れたいのに別れられない図を描きます。

恋愛依存は改善できる?自覚や意識することが大切!

恋愛で得る幸せとは、幸せにしてもらうことでも、幸せにするということでもありません。恋人同士、対等な立場で、信頼関係を築き合うことが、幸せになる道なのです。

アダルトチルドレンは、子供の頃から、誰からも愛されない人間だと感じています。そして、機能不全家族で育ったことにより、共依存になりやすい考え方もします。それでは、恋愛依存は、何をどうすると、改善できるのでしょうか。

アダルトチルドレンを自覚する

アダルトチルドレンだということを自覚して、インナーチャイルドの気持ちを大事にしましょう。自分のことを後回しにしてまで、恋人を救おうとするのは、共依存の特徴です。自分を蔑ろにしてまで尽くしたのは親だけで、もう、誰に対してもその必要はないと、心に留めておきましょう。

自分の気持ちを確かめる

恋人が回避依存だと思い当たる場合、本当に愛しているのか、共依存からくる愛情なのか、考えてみましょう。回避依存と恋愛を続けるためには、お互いが歩み寄るか、回避依存の、パーソナルスペースを侵さない努力が必要です。

恋愛依存を意識して行動する

出会い次第、彼氏次第の恋愛にせず、自分を大切にしましょう。自分の恋愛パターンを意識すると、気持ちのコントロールができるようになります。

    <恋愛依存の5つのパターン>

  • 短いスパンで恋愛を繰り返す
  • 恋人が途切れない
  • 別れたいのに別れられない
  • 復縁を繰り返す
  • 恋愛への憧れが強すぎて恋人を作らない

回避依存を意識して行動する

回避依存の恋人と恋愛を続ける場合は、忍耐を要します。回避依存は、信頼関係を築く話し合いが苦手で、面倒がります。人の深層心理を知りたがらず、彼女といえども、距離感を重要視します。母性を求めながら、距離感も求める、そのラインを意識し、尊重しましょう。

恋愛以外の時間を作る

恋愛以外に、自分の居場所を作りましょう。趣味を持ち、恋人と過ごさない時間を持つことで、自分に自信がついてきます。自信がつくと、気持ちも落ち着き、恋人への過干渉が減ります。自分と一緒にいない間の、恋人の様子も気にならなくなり、不安感が軽減されます。

恋愛を楽しめる?焦らないで信頼関係を築こう!

アダルトチルドレンの恋愛依存は、恋人に出会えたことで、やっと、居場所を見つけたと感じます。信頼関係を築く前に、機能不全家族の辛かった思い出や、トラウマになった出来事などを、話してしまいます。自分の全てを受け入れてくれる度量を、急いで求めてしまうのです。

話すことで安心を手に入れても、聞かされる恋人は、受け入れ態勢が、まだ整っていないかもしれません。回避依存の場合は、恋人といえども、聞きたくない人に、聞かせることになってしまいます。

自分の居場所は、自分の心の中にあり、恋人の居場所もまた、恋人自身が独自に持つものです。精神的に自立して、信頼関係を築き合い、恋愛を楽しみましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ